愛犬にとってどっちがいい?「往診」と「通院」の違い3つ

愛犬にとってどっちがいい?「往診」と「通院」の違い3つ

お気に入りに追加

ここ10年で、東京都内では、往診専門の獣医さんが増えている…ということをご存知でしょうか?いろいろな事情で愛犬を動物病院に連れて行けない時、獣医さんが往診してくれるのは、とても心強く、ありがたいことです。今回は、獣医さんに往診してもらうことと、動物病院に通院することの違いを比較してみたいと思います!

1839view

往診を依頼するケース3例

ソファーで眠るゴールデンリトリバーの老犬

愛犬が大型犬のため

荷物も含めての重量が10㎏を超えると、路線バス、電車などの公共交通機関に乗せることができません。
ですから、大型犬を動物病院に連れて行くには、車か徒歩しか運搬手段がありません。
たとえ車があったとしても、愛犬の体があまりにも大きすぎて、車に乗せることが困難な場合もあります。
また、シニア期の大型犬の半数には、慢性疾患があると言われていて、病状が進行し、寝たきりになったり、歩くことが困難になったりして、今までは徒歩で通院できていた病院にも、通うことができなくなり、往診を依頼する…というケースです。

終末医療を受けるため

病気や老齢のために衰弱し、回復の見込みもなく、動けなくなっているにも関わらず、少しでも病状を改善するために頻繁に通院しなければならない…。
そんなときは、飼い主さんも患畜となった愛犬にも大きな負担がかかります。
その負担を軽減し、終末医療を受けるために獣医さんの往診を依頼する…というケースです。

飼い主さんが家を空けられないため

一緒に眠る赤ちゃんとお母さん

飼い主さんのおうちに、目が離せないほどの小さな赤ちゃんがいたり、あるいは逆に介護が必要なお年寄りがいたりして、飼い主さんが一時も家を空けることができないというケースです。

往診のメリット4つ

犬を抱いて獣医師の説明を聞く飼い主

生活環境を含めて、診察を受けられる

ふだん、愛犬が生活している環境を、獣医さんに診てもらうことができます。
例えば、ヘルニアや関節炎などの慢性疾患があるなら、愛犬の体にかかる負担を軽減できるような床材や、段差の解消などのアドバイスをもらえることもあります。

ストレスがない

動物病院への移動、待ち時間、他の動物の気配などが、病気で弱っている愛犬にとっては非常なストレスになります。
往診してもらえれば、そういったストレスに晒されることがありません。

飼い主側に動物病院に連れて行けない事情があっても、治療を受けられる

大型犬は、電車、バスなどに乗せることができません。
それなのに車がない、あるいは重たくて車に乗せられない…など。
飼い主さん側の事情で動物病院に連れて行けなくても、往診してもらえれば治療を受けることが出来ます。

診察時間が長く、獣医さんとのコミュニケーションがとりやすい

往診時間を予約しているため、決められた時間内にしっかりと獣医さんと話をすることができます。

往診のデメリット4つ

考え込む男性医師

全身麻酔を使った治療ができない

麻酔とは、薬物によって人為的に痛みなどの感覚をなくすことを言います。
動物は、人間と違って治療中にじっとしておくことが難しいため、人間よりもずっと麻酔を使用して治療を行うことが多くなります。
麻酔を使う手術には、最悪の場合、死亡してしまうこともあるほど、高いリスクが伴います。
もし、往診の際に麻酔を使って治療をした際、容体が急変したときに、獣医さんが持ってきた医療器具だけでは対処できません。

外科的な手術ができない

全身麻酔ができないということは、外科的な治療ができないということです。

レントゲン、超音波など精密機器を使った検査が出来ない

往診専門の獣医さんの車には、簡易の医療器具が積まれています。
ですが、やはり動物病院の設備には適いません。

往診料がかかる

通常の診察料に加えて、往診料が発生します。
もし、獣医さんの車がおうちの近くの時間貸しの駐車場を利用していたなら、その分の費用も加算されます。
もし、保険に加入していたのなら、診察代、治療代に関しては保険が適用されますが、「往診料」に関しては、保険適応外になります。

通院のメリット5つ

動物病院の診療室

外に出ることが刺激になる

ペットの飼育環境の改善、獣医学の進歩によって、飼い犬や飼い猫の寿命は飛躍的に伸びました。
高齢になった分、11歳を過ぎると、徐々に人間同様にボケ、認知症、痴ほうと言った症状が現れるようになります。
認知症を発症していても、していなくても、シニア期の犬にとっては、外に出て家族以外の人や動物に会うこと、外の風景を見ることはとても良い刺激になります。

より正確な治療を受けられる

自宅での診察、治療では、どんなに獣医さんの知識や技術が高くても、医療機器や薬剤などは、獣医さんが持参したものでしか対処できません。
やはり、通院して受診する方が高い水準の医療を受けられます。

検査結果がすぐにわかる

血液検査や尿検査をしたとき、検査結果がすぐにわかります。

総合的な治療を受けられる

複数の専門の獣医さんが在籍している動物病院なら、皮膚病、内臓疾患、眼科、外科、循環器系など、それぞれ得意分野、専門分野の先生に診察してもらうことができます。
また薬剤に関しても、漢方薬や東洋医学に詳しい先生がいるなどして治療の選択肢が広がります。

通院のデメリット

混んでいる動物病院の待合室

往診治療のメリットは、そのまま通院治療のデメリットでもある。

混んでいて、待ち時間が掛かる、先生や獣看護師さんとゆっくり話がしにくい…など、通院治療のデメリットは、往診治療のメリットの裏返しとも言えます。

まとめ

人の手の上に置かれた人の手

往診治療も通院治療もそれぞれにメリット、デメリットがあります。
どちらがいいかは、飼い主さんや愛犬の事情、状態によって選択することで、どちらが良いと決めつけることではありません。
大事なのは、愛犬のために最善の選択をすることだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。