犬の「ターゲットトレーニング」のやり方と教えるメリット

犬の「ターゲットトレーニング」のやり方と教えるメリット

お気に入りに追加

わんちゃんを飼っている方、しつけに興味のある方はターゲットトレーニング、あるいはクリッカートレーニングという言葉を聞いたことはありませんか?「誘導」をメインに使うトレーニング方法で、きっとお役に立ちますよ。

3406view

ターゲットトレーニングとは

イルカのジャンプ

皆さんはイルカショーをご覧になったことはありませんか?ショーの時、イルカはトレーナーさんの手の動きやホイッスルの合図で複雑なジャンプをしたり潜って泳いだりと、様々な動きを見せてくれます。しかし、水の中にいて言葉の通じないイルカに、いったいどうやってこのような動きを教えるのでしょうか。
この動きを教えるために利用されるのがターゲットトレーニングです。ターゲットとは要するに「的」のことですね。
イルカのトレーニングの際にはこの「的」を長い棒の先に設定します。トレーナーはホイッスルを鳴らしたり手で合図をしたあとに、ここへイルカが口先を当てると「OK」ということを教えるために報酬を与えます。イルカはすぐにトレーナの合図とそれに対する正解の行動とその結果与えられる報酬を結び付けて覚え、何度もその行動を繰り返します。トレーナーは徐々にその「的」を水面から高く持ち上げます。イルカは的に触れようと、徐々に高くジャンプをするようになりその結果、非常に高く迫力のあるジャンプを覚えるのです。
これは犬にも応用できる方法です。犬の場合は飼い主の誉め言葉とおやつが、正解の行動のあとに出てくる報酬になります。

犬とターゲットトレーニング

犬とタッチ

さて、では犬に応用してみましょう。
皆さん、犬にお座りはどのように教えていますか? おやつを鼻先に見せ、それをゆっくりと犬の頭上に持ち上げて目線をあげさせ、その結果お尻が落ちて「座れ」の姿勢にするよう誘導しませんか? また伏せであっても鼻先におやつを見せておやつを持った手を足元へ下ろして犬が自然に「伏せ」るように誘導しますよね。そして指示した姿勢になったらちゃんと言葉で褒めておやつをあげていると思います。
これがターゲットトレーニングの基礎になる「誘導法」です。この時使用している「手」は犬にとっては「ターゲット」です。ここに触れたら、これを追いかけたらおやつという良いことがあるということを覚えているので、座ったり伏せたり、付いて歩いたりできるようになります。
しかし常にこの「手」をターゲットにするにはちょっと厳しいこともあります。付いて歩かせたいとき、大型犬ならばそれほど気にならないところに犬の頭がありますが、小型犬の場合はずいぶんと下にあるので飼い主がかがんで歩かなくてはいけません。
こんな時には手ではなく別の何かをターゲットとして教えておくことで、飼い主の姿勢を悪くすることなく付いて歩かせることができるようになります。

ターゲットの教え方とメリット

犬と歩く

別のターゲットというといったいなにが良いでしょうか。
これは犬にとって気づきやすいものであれば、特にこれといった指定は無いようです。手を的にするのが一番簡単ではありますが、これは指示できる範囲に制限ができてしまうのでできればもうちょっと長いものの方がよいでしょう。けが防止のためにも、鋭利なものは避けましょう。
まず手以外のターゲットを使う場合は、犬に見せて危険なものではないことを確認させてあげてください。犬にとってターゲットが怖いものではないと理解してもらったら、トレーニングの開始です。
最初は「タッチ」のコマンドを伝え、犬の鼻先にターゲットを触れさせます。この時自分から触れにいっても行かなくてもよく、「鼻先に触れる」ことを優先します。触れたらおやつをあげて「タッチ」のコマンドと行動を覚えてもらいます。
これを繰り返し、徐々に慣れさせ少しずつターゲットの位置を犬から離してみましょう。犬が自分から触れにいったら、思い切り褒めてあげてくださいね。
犬がターゲットに触れることでおやつをもらえる、褒めてもらえるということを覚えたら誘導が必要な場面でぜひ活用してみてください。

まとめ

おやつをもらう犬

いかがでしょうか。ターゲットトレーニングとは、普段使っている「手」での誘導を別のものに切り替えて離れたところでも誘導できるトレーニング方法です。これができるようになると犬は飼い主の行動を注目するようになり、よりコミュニケーションをとりやすくなりますので是非チャレンジしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。