犬と人の子どもが触れ合う際に気をつけたい3つのこと

犬と人の子どもが触れ合う際に気をつけたい3つのこと

お気に入りに追加

子どもと犬が触れ合う姿は、とても可愛らしく微笑ましいですよね。ですが、子どもは時々大人が「まさか」と思う行動をすることがあります。子どもと犬の触れ合いを、楽しい時間で終えるために、気をつけておきたい点をまとめました。

1949view

1.落下事故に気をつけよう

犬を抱っこする女の子

子供が犬を抱っこしているのは、とても微笑ましい光景です。ですが、子供が抱っこしていて、犬が落ちてしまったという事故は少なくありません。

子供の背丈で抱き上げた高さですので、骨折までしてしまうことは少ないのですが、脚を痛めてしまうことがあります。

低い位置から落ちたとしても、犬にとって予想外の着地であれば、脚を痛めたり頭や身体を打ったりなど、怪我の原因となるのです。

子供は、犬のちょっとした動きに対応できなかったり、上手に降ろすことができなかったりします。また、犬が暴れた場合には、抱き慣れない子供が対処することは難しいでしょう。

子供が犬を抱き上げるときには、必ず犬の飼い主が、犬が地面に降りるまで付き添うようにしましょう。

2.誤食事故に気をつけよう

子供のご飯をつまみ食いする犬

美味しいものを誰かにも食べてほしい、そんな気持ちは大人も子供も変わりません。子供は、自分が大人からオヤツをもらうのと同じように、犬にオヤツをあげたがることがあります。

大人であれば、犬の食べられないものは避けて与えることができますが、子供の場合はどうでしょうか?その判断は、近くにいる大人がする必要があります。

子供の食事には食べこぼしがつきものです。その食べこぼしを、下にいる犬が食べてしまうことがあります。犬が食べても中毒を起こさないものであることの方が多いのですが、食べ慣れていないものを食べたことでお腹を壊してしまう犬もいます。

また、子供が犬に食べ物以外の物を与えてしまったり、オヤツを包みのまま与えてしまったりする事故も時々見られます。子供が遊んでいる積み木やクレヨンも、犬の興味を引く存在です。子供が口にしないかだけではなく、犬が口にしないかという点にも注意をはらう必要があります。

3.輪ゴム・リボンに気をつけよう

芝生を歩くリボンをつけた犬

犬の耳や腕に輪ゴムをかけたままにしてしまうと、そこが鬱血・壊死してしまうことがあります。長くなった毛をまとめたり、髪飾りをつけたりする際には、強く結んだり、皮膚を一緒したりしないように注意しなければなりません。

子供はイタズラで輪ゴムをかけたり、可愛くしてあげたいとリボンを結んだりすることがあります。ですが、子供は結ぶ強さを加減できなかったり、皮膚ごと結んでしまったりしがちです。

結んだあとに早く気づくことができれば、すぐに外せて問題にならないことが多いのですが、毛で見えず気がつけないこともあります。

この場合、痛みや出血などの症状が出てから発見することになってしまいます。痛みや出血がある場合、無理に輪ゴムを外そうとせず、動物病院で処置をしてもらいましょう。傷の程度によっては、鎮静や麻酔をかけての処置を行うこともあります。

まとめ

寄り添う子供と犬の後ろ姿

子供と犬のふれあいは、とても可愛らしいものですが、近くにいる大人が注意しなければいけない場面がたくさんあります。この記事でご紹介した3つは、子供に悪気がなかったとしても起こりうる事故です。

大人であっても、「犬を落としてしまった」「うっかりチョコレートを食べられてしまった」といった事故を起こすことはありますが、大人は自分で対処を考え対応することができます。ですが、子供は起こった問題に気がつけず、対応が遅れてしまうこともあります。

子供と犬が、「いつも一緒にいるから大丈夫」ということはありません。お互いに、思いもよらない行動をとってしまうことは、十分に考えられるのです。愛犬と子供の楽しい時間のために、周りが気を配っていくことが大切です。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。