高齢犬におすすめのドッグフード「サイエンスダイエット シニアプラス」

1289view

高齢犬におすすめのドッグフード「サイエンスダイエット シニアプラス」

ドッグフードは、年齢別に分かれていることが多いです。体の成長に合わせて、ドッグフードが作られています。いつまでも元気に居てもらうためにも、年齢に合ったドッグフードを選びましょう。

ドッグフード

年齢に合ったドッグフードを

ドッグフードは、犬の大好物なご飯です。

毎日食べるからこそ、慎重に選びます。

特に、年齢に合ったドッグフードを選ぶことが大切です。

年齢に合っていないドッグフードは、食べてくれません。

健康の源であるドッグフードなため、「毎日しっかりと食べてもらいたい」というのが飼い主の願いです。

なかなかドッグフードを食べてくれないときは、犬の年齢とドッグフードに合った年齢があっているかを確認してみましょう。

安心して食べてもらうために

私の愛犬は、今年4歳になります。

愛犬と出会ったときは、まだ赤ちゃんだったのに大きく成長しました。

いつの間にか月日が流れ、成犬となりました。

それに伴って、ドッグフードも変えてきました。

ドッグフードを変えたとき、愛犬は少し戸惑っていましたが、すぐに食べてくれるようになりました。

高齢犬になった時もドッグフードを老犬用に変えるつもりです。

最初は戸惑うと思いますが、「美味しいよ」と言って1粒1粒手を通してあげることによって、安心して食べるようになります。

高齢犬におすすめのドッグフード


サイエンスダイエット シニアプラス チキン 小粒 高齢犬用 7kg

私が紹介するドッグフードは、サイエンスダイエットのシニアプラスです。

現在もサイエンスダイエットのアダルトをあげています。

このドッグフードの良いところは、丈夫な体を作ってくれるということです。

さらに、シニア用にはカルニチンが配合されています。

そのため、筋肉を維持することができます。

高齢犬になると、体力が落ちてしまいます。

散歩の時間も減ってきます。

そうなると、筋肉が落ちてしまいます。

このドッグフードを食べることによってその心配も少なくなります。

丈夫な体を作る

元気な犬

人間が年齢を重ねるに連れて体の衰えが出るように、犬も同じように衰えていきます。

運動もしなくなり、毎日寝て過ごすようになります。

そんな愛犬を見ていると、辛くなってしまいます。

小さい頃は元気に遊んでいたはずなのに、寝てばかりです。

少しでも元気になってもらうために、ドッグフードを通して丈夫な体にしましょう。

小さい頃のように、元気に遊ぶことができるはずです。

ドッグフードが元気の源

高齢犬になると、心配事が増えてしまいます。

具合が悪くなってしまったり、怪我をしてしまったりすることが多くなってしまいます。

それでも、大事な愛犬です。

高齢犬になっても、愛らしい気持ちは変わりません。

だからこそ、心配になってしまうのです。

そんな高齢犬の健康をドッグフードが支えてくれます。

どんどん元気になっていき、高齢ということを忘れてしまうかもしれません。

愛犬が元気なことが、飼い主の一番の幸せです。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!