災害時、愛犬の飲み水はどうすればいい?

災害時、愛犬の飲み水はどうすればいい?

お気に入りに追加

この数年、日本では大きな自然災害が各地で起こっています。自宅にいられずライフラインも滞り避難を余儀なくされた時、私たちは愛犬をどのように守っていけばいいのでしょうか。

3260view

災害時、犬のための支援はある?

地面の水を飲んでいるビーグル

地震や津波、豪雨、河川の氾濫、土砂崩れなど近年の日本では自然災害が多発しており、多くの人が被災し避難や苦しい生活を余儀なくされています。その際には共に生活している犬などのペットも同行することが多く見られますが、ペットの同行避難に関してはまだ十分な対策、配慮が行き届いていないというのが現状です。災害時には国や自治体などの行政が中心となって、あらゆる方面から支援が行われますがその支援は当然のことながら人命、人の生活が優先となります。

災害の状況によっては人命救助や物資の輸送が思うようにいかないこともあるため、その状況で犬に対する支援を求めることは非常にむずかしいのが現実でしょう。いくら犬も家族の一員と考えていても、そうした緊急時にはどうしても人間のことが優先されてしまうことは致し方ないと思います。そのため、大切な家族である愛犬を守ることが出来るのは、飼い主しかいないのです。被災時に愛犬を守るため、日頃からあらゆる状況を想定して安全確保のための手段を考えたり、食料や水などを用意しておいたり、避難所に適応するためやストレスを軽減するためのしつけをしておくことが大切です。

犬との避難時には食料と水を確保

携帯用ボウルで水を飲んでいる犬

多発する自然災害や避難状況から近年環境省や各自治体ではペットの同行避難が推奨されるようになったり、ペット用の防災グッズに関するガイドなどが配布されるようになってきています。災害時に備えて用意しておくべきものは人間同様やはり食料と水が第一です。人間用の食料については物資の支援で賄えることもありますが、その際犬用の食料というのはほとんどないでしょう。動物愛護団体や社団法人などで動物の災害支援を行うところも増えてきていますが、その支援の手がどれくらいの時間で届くかはわかりません。そのため、最低でも1週間分の食料と水は用意しておきましょう。水については断水され水道水も出ない可能性が高いので、必ず犬の飲み水も確保出来るようにしなければなりません。

犬にミネラルウォーターを飲ませてもいい?

水が入った5本のペットボトル

災害時に備えて犬の飲み水を用意することは大切ですが、どのような水を用意すればいいのでしょうか?避難時用に用意する水と言えばやはりペットボトルに入ったミネラルウォーターが一般的だと思いますが、犬にミネラルウォーターを与えてはいけないという話を聞いて不安を感じている人も少なくないのではないでしょうか。

そもそも犬にミネラルウォーターを与えてはいけないと言われているのは、水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多いため。ミネラルの過剰摂取によって尿路結石など健康を害してしまう恐れがあると考えられているからです。しかし、実際のところ多量にミネラルを含み硬度の高い水を飲んでいるヨーロッパなどの犬が皆健康被害を受けているわけではなく、ミネラルウォーターによる犬へのデメリットというもの自体が疑問視されてもいます。もし心配な場合は日本で採取された軟水のミネラルウォーターなどを用意してあげると安心でしょう。

災害時の犬の飲み水に関するまとめ

人の手から水を飲んでいる犬

避難を伴う災害というのは本当にいつ、どこで、どんな時に起こるかわからないものです。そうした時、大切な愛犬の身を守ることが出来るのはやはり飼い主だけ。災害が起きた瞬間に愛犬の命を守ることはもちろん、その後の避難生活などで命をつなぐだけの食事と飲み水を与えることは飼い主の大切な役目なのです。災害が起きた時どのような状況になるかわからないからこそ、最悪の状況も想定して最大限の準備をしておくことが重要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。