ペット保険は必要です!転んでからではもう遅い

1083view

ペット保険は必要です!転んでからではもう遅い

ペット保険というのは健康な状態の時にしか加入できないという性質のものです。余裕がある時に加入を検討されることをお勧めします。

保険の大切さ

我が家の場合にはペット保険には愛犬全員加入しています。というのも最初に迎えた小型犬が未加入の時に手ごわい病気になってしまい高額な医療費が嵩んだという経験があります。その後すぐに保険に入ろうとしましたが、結局既往症に関しては免責対応になってしまうという事も後から知りました。

加入するならできるだけ早く

##ペット保険は必要です##

実際に持病を持ってしまうと保険対応は難しくなるというわけです。いつでもどんな状態でも入れるかも・・とパンフレットだけを見ていると思いがちですがペット保険の場合には通院履歴や病気の既往症などの告知もあります。出来るだけ早い時期に加入することが良いのです。

そうなる前に毎月の貯金代わりに愛犬に3000円前後の保険料を支払うということは価値のあることだと考えます。ワンちゃんは言葉が話せない分自分の体調を訴えることが苦手です。気が付いた時には病気が既に進行していたということも良くある話です。

##ペット保険は必要です##

記事いた時には手遅れなんてことも

特に我慢強い子の場合にはギリギリまで食事も散歩も普通にこなしてしまう場合があるのです。飼い主さんがどれだけ注意しても病気になってしまうと動物病院のお世話になるしかなくなるのです。動物医療の場合には採血だけでも1万円近くかかる場合が多くレントゲンに検査が加わると数万円という経費になってしまいます。

たいていの場合は保険請求するまでの間は一旦自分で支払って後ほど請求をしてその後契約している割合で保険会社が負担します。差額が返金されるというシステムになっています。いずれにしてもかかった医療費が戻って来るということが何よりもありがたいことだと思います。

##ペット保険は必要です##

まとめ

なかなかペット保険の加入のタイミングを迷っているうちに病気になってしまうということがパターンなのです。思い立ったら加入というのがペット保険の場合には大事なタイミングだと思います。
お迎えした時にペット保険の加入をまずは考えておく方がベターだと私は考えています。まったく保険のお世話になることがなかったということが一番の幸せだと思います。
安心という名のペット保険と捉えて前向きに検討されることをお勧めします。

##ペット保険は必要です##

▼犬の保険についてもっと詳しく知りたい方はこちら
犬の保険大辞典!知っておきたい基礎知識

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。