もうすぐノミの季節がやってくる!ノミアレルギー性皮膚炎の症状と予防法

もうすぐノミの季節がやってくる!ノミアレルギー性皮膚炎の症状と予防法

もうすぐ寒い季節が終わり、春がやってきますね!暖かくなるとわんちゃんの散歩の範囲が広がるのではないでしょうか?しかし、油断してはいけないのは、暖かくなると活動し始めるのノミです!そこでノミに咬まれる事によって引き起こす、ノミアレルギー性皮膚炎の症状や予防法をお伝えします。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ノミってどんな虫?

##写真の名前##

ノミは頑張れば人の目でも見えますが本当に小さな虫で、気づきにくいと思います。
ノミは散歩をしているわんちゃんを狙って草むらに生息しています。暖かい気候が好きで春から夏にかけて主に活動しますが年中活動はしています。散歩中のわんちゃんを見つけると体にひっつき、吸血をします。

通常なら吸血されると、痒みを引き起こします。さらに痒みだけでなく、ノミの唾液に反応してアレルギー反応を起こし、いろいろな症状や合併症を起こしてしまうような病気がノミアレルギー性皮膚炎というものです。

症状

##写真の名前##

ノミが寄生する体の部位は、主に下半身(腰、尻尾の付け根、お腹など)です。
下半身を吸血されそこを中心にアレルギー反応を起こし、自分で掻きむしったり咬んだりして皮膚が赤くなったり、炎症を起こしたり、さらに皮膚を傷つけ出血したりします。

ひどければ、脱毛したり、皮膚が黒くなったり固くなってしまったりします。 痒みがきつすぎて寝れなかったりストレスで食べなくなってしまうわんちゃんもいます。

治療法

体に寄生しているノミの駆除をしながら、皮膚の症状にあった治療していかないといけません。
寄生しているノミの駆除はフロントラインプラスというものがあり、今ついているノミを落とし、ノミの卵が孵化しないようにしてくれるものです。
皮膚の治療は皮膚の状態によっても様々なので、それにあった注射だったりお薬を投与します。

予防法

他の病気に比べてこの皮膚炎は約1ヶ月効果が持続するフロントラインプラスで簡単に予防することができます。
フロントラインプラスはスポットタイプで、わんちゃんの舐めれない首の後ろあたりに垂らすだけです。

散歩によく行くわんちゃん、特に草むらが大好きなわんちゃんや自然が多い地域、また野良猫によくついているので、野良猫が多い地域にすんでるわんちゃんは1ヶ月に1回はフロントラインプラスで予防してあげましょう。

また、おうちのわんちゃんにノミがいるかもしれないと不安な方は、簡単にノミがいるかどうか確かめる方法があります。
わんちゃんをブラッシングしてあげると、すごく小さな黒いものが体から落ちてきます。 それをティッシュペーパーやキッチンペーパーの上にのせ、少量の水を垂らして少しおいてると赤くにじんできます。

その小さな黒いものはノミのフンで、わんちゃんの血を吸っているため見た目黒いですが水によってフンが赤くなるのです。 これを目安にノミがいるかもしれないというのが分かると思うので、是非試してみて下さい!

最後に

##写真の名前##

今回はノミアレルギー性皮膚炎について説明しましたが、ノミはいろんな病気をもたらす虫です。また、人にも咬んだりするので気をつけましょう。
おうちのわんちゃんにノミが寄生しないようにフロントラインプラスを定期的につけたり、腰あたりやお腹を掻き始めたら早めに病院で診てもらうなりする事がノミアレルギー性皮膚炎になるまで悪化しないので、予防が大切になってきます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。