簡単で安全、愛犬のノミ・ダニ対策に「フロントラインプラス」

簡単で安全、愛犬のノミ・ダニ対策に「フロントラインプラス」

犬のノミ・ダニ対策は首輪やシャンプーなど様々です。今回私が紹介したいのは、「フロントラインプラス」。簡単にできますし、犬にとっても安全に使用することができます。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

みんなはどうしてるの?

ノミ

大体の人が、この中のどれかじゃないでしょうか?

  • ノミ・ダニ捕り首輪を使用。
  • のみ取りシャンプーを使用。
  • 飲み薬や外用液を使用。

してない人もいるかも知れませんね。

草むらに生息する「マダニ」は、動物だけでなく人にも、とても簡単に付着してしまうそうです。

1度ついてしまうと、駆除するのはとても大変。
何もないうちから、「ノミ・ダニ対策」をするのはとても大切なことです。

「ノミ・ダニ」は、犬の皮膚病や貧血の原因になるだけじゃなく、「マダニ」の寄生虫は、命に危険も!

フロントラインプラス

うちでは、最初から「フロントラインプラス」を使っています。

フロントラインプラス

外用液

1ヶ月に1回、首の後ろに液を垂らすだけです。3回分入っていて、手を汚すことなく使えるようになっています。
それに、犬が舐めることもない場所なので安心です。体重によって箱が違うので、そこは注意です。

うちで「フロントラインプラス」を使うようになったのは、親戚がパグ犬にこれを使っていたからです。
特に問題はなかったようだし、これをしているから安心して過ごせていたようだし、使用を疑うことはありませんでした。

「薬が強すぎるのでは」と言う心配の声もあるようですが、アボには効果はあっても問題は起きていません。

アボの散歩コースの大半は草むらです。
散歩嫌いのアボが好んでいくコースを変更したくないので、「フロントライン」は必須です。
それに、1年に1,2回ペットホテルにお願いするので、その際も安心して預けることができます。

「フロントライン」を習慣化したことで、アボの「ノミ・ダニ」に対する不安は0です。

まとめ

「ノミ・ダニ対策」は、自分の犬を守るだけじゃなく、周りの犬にうつさないエチケットでもあるのです。

愛犬が苦しい思いをする前に、何らかの対策をした方が良いと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。