子犬のうちに噛み癖は卒業!正しくしつける2つのポイント

子犬のうちに噛み癖は卒業!正しくしつける2つのポイント

子犬には噛み癖があるものです。ですが、成犬までに徐々にトレーニングする必要があります。スムーズに噛み癖を直すには、2つの大きなポイントがあるのです。

お気に入り登録

子犬と一緒に生活をした方ならご存知でしょうが、子犬ってどうしても噛み癖があるんですよね。

1歳未満の子犬と共に生活をしている飼い主さんの相談で最も多いのも、噛み癖についてだそうです。

なぜ子犬には噛み癖があるのか?

基本的に「噛む」という行為は飼い主さんに対して悪意を向けているわけではありません。

子犬に甘噛みをされた事が一度でもある方なら、分かりますよね。

それどころか嬉しいという気持ちの表現として噛むという行為を行っているのです。

しかし、そのまま大きくなってしまってはどうでしょうか。

小さな頃はまだ歯が小さいので、多少噛まれても痛くはありません。

それどころか「可愛いなぁ~」と和んでしまう方も多いと思います。

これが成犬となると違います。

他人にまで危害を与えてしまう可能性も少なくはありません。

成犬になるまでに「噛み癖を治す」トレーニングをしましょう

①噛まれたら痛いんだよと教えてあげる

甘噛みでもしつこくされると、次第に痛くなりますよね。

そんな時はわんちゃんを驚かせて、噛む事をやめてもらってください。

私はこんなに痛い思いをしているんだという事をわんちゃんに分かってもらうためには、泣きまねも有効的です。

この行為を繰り返しているうちに、噛み癖の治るわんちゃんもいます。

②無視をする

①の方法とはまた違いますが、わんちゃんが甘噛みをしてもかまってあげないという方法です。

なぜなら、わんちゃんが甘噛みをする理由は飼い主さんにかまってほしいからなんですね。

しかし、飼い主さんの中には「私は噛まれた後に子犬を触るけど、それはしつけをしているだけ」という方も多いと思います。

では、それをわんちゃんは理解できているのでしょうか。

わんちゃんはただただ飼い主さんにかまってもらった、遊んでもらった、撫でてもらったと感じているかもしれません。

それを防ぐための手段として、無視するという事が挙げられるのです。


飼い主さんと遊びたいのに、甘噛みをするとなぜか飼い主さんは遊んでくれなくなる。

子犬のうちにこの流れを学習させてあげてください。

わんちゃんは飼い主さんと遊ぶのが大好きです。

無視をされるくらいなら、噛まない方が良いと理解してくれるかもしれません。

しつけとしてもやってはいけない事

最後に、やってはいけない2つの注意点を挙げておきます。

代わりにおもちゃ等をあげる。

言葉で痛い!としつけた場合、噛むのを辞めた後は代わりになるような物をあげてください。

そのようにしなければ、おもちゃであっても噛まないようなわんちゃんに成長してしまうかもしれません。

体罰はしない。

当たり前ですが、体罰は厳禁です。

怖がりのわんちゃんに成長してしまい、恐怖から人間の手を噛むようになってしまいます。

いかがでしたか?この記事が、少しでもしつけのヒントになれば嬉しく思います!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。