夏の犬の散歩で絶対NGな『時間帯』とは?危険なワケと対策を解説

夏の犬の散歩で絶対NGな『時間帯』とは?危険なワケと対策を解説

犬にとって散歩は、とても大切な習慣です。できれば毎日行くのが理想的ですが、暑い夏はどうすれば良いのでしょうか?この記事では、夏の犬の散歩で絶対NGな『時間帯』をご紹介します。危険なワケと対策についても解説していますので、参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

夏の散歩で絶対NGな時間帯

夏の熱いアスファルトを散歩する犬

昼間

夏の昼間は日光が強く、アスファルトが高温になります。その温度は約60度~70度。犬は裸足で歩く上に、体が地面に近いため、熱の影響を強く受けてしまいます。気温もかなり高くなるため、昼間は犬の散歩には向いていません。

夏の昼間に犬を散歩させると、次のようなリスクが考えられます。

  • 肉球の火傷
  • 熱中症
  • 体力の消耗による夏バテ

夏の昼間の散歩はとても危険なので、行かないようにしましょう。

夕方

夏以外の季節は、夕方に散歩するという人も多いと思いますが、夏は16時~18頃の夕方であっても、犬の散歩にはいかない方が良いでしょう。

日が傾いて気温が落ち着いてくる夕方であっても、アスファルトには熱が残り、照り返しによって犬は暑さに晒されてしまいます。

夕方の時間帯も油断してはいけません。

夏の犬の散歩、対策方法は?

夜散歩するウエスティ

散歩の時間帯を変える

夏の犬の散歩対策は『時間帯を変える』のが最も良い方法です。人間もそうですが、夏の昼間に外に出て運動をするのは危険です。できるだけ昼間以外の時間帯を選んで散歩に行きましょう。

次の時間帯であれば、夏でも犬の散歩ができます。

  • 早朝
  • 日没前後

まず、「早朝」は夏の散歩に最もおすすめの時間帯です。

太陽が出る5時頃~7時頃の時間帯が、明るく暑さも厳しくなくて良いでしょう。朝であれば、夜の間にアスファルトの熱も冷めているはずなので、火傷の心配もありません。

早起きするのは大変かもしれませんが、愛犬のために頑張りましょう!

「日没前後」の時間帯も散歩のチャンスです。

夕方より少し遅い時間、だいたい18時半~19時頃までの時間は、太陽の光が弱まり、日陰も多くなります。気温も日中に比べると下がってくるので、犬も活動がしやすくなるでしょう。

ただし、お散歩に出たら、地面を素手で触って温度を確かめてから、犬を歩かせるようにしてください。照り返しがあったり、マンホールの蓋部分は熱が残っている可能性があります。まだ熱い、という場合には時間をずらして散歩に行きましょう。

早朝に散歩へ行けない時には、暗くなった「夜」に行くのもおすすめです。夜であれば気温も落ち着き、地面の熱も下がってきているでしょう。熱帯夜などは熱い場合もあるため、念のため、地面を素手で触る温度チェックは必ずするようにしてください。

注意しなくてはいけないのは、夜は暗いため交通事故や転倒のリスクが高くなります。犬に光る首輪やキーホルダーを付けたりして安全対策をしましょう。飼い主さんも懐中電灯を持ったり、光る物を身に着けると安心です。

飲み水や暑さ対策グッズを持っていく

夏の散歩には、犬用の飲み水は忘れずに持っていくようにしましょう。水分補給をこまめにすると、熱中症対策になります。最近では、犬用の暑さ対策グッズも販売されているので、利用すると良いかもしれません。

例えば、濡らすとひんやりしUVカットもできるメッシュ素材の洋服や、ひんやりした冷感ジェルが入ったバンダナなどです。これらの商品でも、昼間の暑さを凌ぐのは難しいと思いますので、涼しい時間帯のお散歩に併せて使うことをおすすめします。お散歩以外のお出かけ時にも使えるので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

リードとフレンチブルドッグ

夏の犬の散歩で絶対NGな『時間帯』をご紹介しました。

犬は人間よりも体温が高く、汗腺が足の裏にしかないために、体温の調節を苦手としています。たとえ体が辛くなったり、肉球が熱いと感じていても、言葉を話すことができないため、我慢してしまう犬が多いでしょう。

散歩は大切な習慣ですが、散歩によって火傷をしたり熱中症になっては元も子もありません。

夏の散歩は、犬の様子を観察し、地面の温度などをしっかり確かめてから散歩に行くようにしてください。夏も楽しく、安全にお散歩に行きましょう!

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。