犬が金属を誤飲!通常の器具が使えず自作の道具で犬を助けた医師

犬が金属を誤飲!通常の器具が使えず自作の道具で犬を助けた医師

小型犬の若い犬が、鋭い金属の異物を誤飲。気道の奥深くに入ってしまいました。呼吸困難におちいった犬を、医師はどうやって助けることができるでしょう。

お気に入り登録

緊急搬送

診察

救急病院に運ばれたとき、生後7か月のフレンチブルドッグ「マック」はせき込み、のどが詰まったような音を出し、吐こうとする動作を繰り返しながら呼吸困難におちいっていました。

ごはんを食べていた時、何か小さな鋭いものを誤って吸い込んでしまったようなのです。

その異物は…金属の鋭い釘(くぎ)のようなもの!激しい嘔吐反射のために傷ついたのどから血が出てくるばかり。危険な状態です。

レントゲン写真に小さな白いものが写っていますね。
【写真:レントゲン写真】

気道深くに入ってしまったため、チューブ状の医療器具が使えません。

医師はその場で道具を作りました。外科手術ではこのようなとっさの対応も必要なのですね。

中でも、小さな磁石が重要なカギを握ります。これです!

長いワイヤーの先についた磁石を慎重に差し込み、異物に到達しました。思った通り、異物が磁石にくっついた!

磁石からはずれないように、少しずつ引き抜いていきます。そしてついに、マックの口から外に出すことに成功!

釘だと思った異物は、実は画びょうでした。こんなものが肺の方へ吸い込まれてしまうこともあるのですね。

すっかり元気になったマックを、飼い主家族の小さな姉妹がなでなで。

教訓

さて、教訓は?

女の子:「家の中のものをきちんと片付けて、落ちているものを犬が飲み込まないようにします。」

正しい!皆様もお気をつけください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Animal Emergency Service

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。