高速道路にうずくまる犬!協力してくれた地元警察に感謝!

高速道路にうずくまる犬!協力してくれた地元警察に感謝!

高速道路の中央分離帯の壁際にまる1日縮こまっている犬が発見されました。危険な保護活動をどうやって遂行するかが問題です。犬につけた「PD」という名前の意味は?

お気に入り登録

完全エスコート

通報・発見

高速道路上にケガをした犬がいると緊急保護依頼が入り、ロスアンジェルスの保護団体Hope for Paws が急行しました。犬はすでにまる1日そこで動けずにいるとのことです。

ここは制限時速105キロの区間。車がビュンビュン走行するすぐ横にうずくまっていました。

警察の協力

高速道路ですぐに止まることもできず、車はそのまま流れに乗って走り去ります。

どうしようか思案しますが、今回は団体リーダー1人の出動。1人ではどうにもできません。ロスアンジェルスの警察に協力を依頼しました。

快く応じてくれたパトカーがリーダーの後ろを走ってエスコート、徐行して交通整理してくれることに。これは助かります!

犬がいる場所まで結構な距離を戻る間、気持ちは焦りますが、安全運転を!すぐ後ろにパトカーでは、絶対スピード違反もできませんしね!笑

現場に近づくと、パトカーはサイレンを鳴らしながら大きく蛇行し、他のドライバーたちに緊急事態をしらせます。動画ではその様子を上空からのアニメーションで見せていますよ。

犬がいた!リーダーは停車し、急いで近づきます。どうか、どうか、驚いて車道にとび出さないで!

よっかったよ~、大人しくしてくれています。本当にケガをしているのか、どこか痛むのかは、まだわかりません。

犬を抱え上げて、付き添ってくれた警官2人にお礼を言うと「とんでもない。よかったよ!」と。爽やかだ~。

最近は何かと問題がつきまとう米国の警察ですが、こんな素朴な手助けは本当に感謝ものですね。

病院への道すがら、緊急通報してくれた人に保護完了の報告。リーダーも電話の向こうの女性も興奮ぎみです。

女性:「あなたたちならやってくれると思ってました!ほんとにありがとう!」

犬はおとなしく助手席に座ってリーダーを見上げました。ものすごくのどが渇いているはずです。一生懸命水を飲みました。

名前は「PD(ピーディー)」に決定。Police Department(警察署)の頭文字を取って、感謝の印としたのです。

ケア

ベタベタの毛をバリカンで一気に刈っている間も大人しく、水を飲んだりごはんを食べたり落ち着いていてくれました。

体も洗って真っ白に。後足に見つかった骨折は後日手術します。

それから

PDはさっそく一時預かり家庭に預けられ、3回に及んだ後足の手術で骨折もきれいに治してもらいました!

そして最後には待ち望んだニュースが。そう、里親さん決定です!

高速道路にうずくまっていた絶望的な状況から、人々の助けとPD自身の強さでここまでたどり着きました。

そもそも、PDはなぜあんな所に骨折を抱えてうずくまっていたのか、それはわかりません。イヤな想像もしてしまいます。こんなことがなくなりますように。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。