固定観念が招く虐待!飼い主は犬のことを考えてあげて!

固定観念が招く虐待!飼い主は犬のことを考えてあげて!

固定観念と無知から犬を虐待している飼い主たちを説得し、虐待の状態にある犬たちの保護や状況改善のため、地道な活動を続ける動物愛護団体が活動内容紹介の短い動画を制作しました。

お気に入り登録

地道な活動

飼い主の固定観念による虐待の実態

孤独、恐怖、ノミやアブ、ダニといった吸血生物と彼らが媒介する病気、飢えと渇き、それに酷暑、極寒との闘い。それが世界中で多くの犬が直面している実態です。

動物愛護団体PETAがその状況を訴え、改善するための団体の活動を紹介する短い動画を制作しました。

この子は、おそらく不定期にしか食べ物を与えられていなかったと見られ「すぐにでも保護しなければなりません」

そしてそれらすべてを象徴するような、犬を鎖につないで屋外に放置する問題。社会の中で生きることは、犬にとって生きることそのもののはずなのに、鎖でつないで隔離された犬が日本にも数多くいます。

この子犬さえも躊躇(ちゅうちょ)なく重い鎖につないでしまうのは、無感覚のなせるわざでしょうか。

飼い主が犬の鎖をはずし、「犬は家族」だと学ぶことがPETAの最終目標。それができない場合は、犬の保護を目指します。

でも外飼いの犬の現状の苦痛を少しでもやわらげるために、犬小屋を設置する活動も行っています。

「犬はこんなふうに飼うものだ」と固定観念を持ち、結果として虐待している人々がいます。

彼らの意識を変えるために言葉を交わし、説得し、正しい飼い方を理解してもらうことも重要なミッションです。

最後に

「私たちは希望を捨てません」とPETAは言います。

人びとが知ること、そして共感してくれることを。希望を捨てないからこそ、このような地道な活動を続けることができるのですね。

そしてこうも…「(虐待される犬は)ただの統計的な数字ではありません。数字の後ろには、彼ら1匹ずつのストーリーがあるのです」

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。