ネグレクトを受けていた2匹のハスキーの子犬を発見!元飼い主に下った判決は…

ネグレクトを受けていた2匹のハスキーの子犬を発見!元飼い主に下った判決は…

南オーストラリアで、飼い主のネグレクトによってひどく弱った2匹のハスキー犬が保護されました。保護当時の様子、そして飼い主に下された判決とは...。

お気に入り登録

ネグレクトによってひどく衰弱したハスキー犬

通報

RSPCA (英国王立動物虐待防止協会) 南オーストラリアに虐待の通報が入り、インスペクター(監視員)がかけつけました。

そこには、ネグレクトにより痩せほそった弱々しいハスキー犬の兄妹、 男の子の「デーモン」 と女の子の 「ストーミー」 がいました。まだ生後10ヶ月の子犬です。

保護と治療

発見された2匹ですが、残念ながらデーモンの方は手遅れであり命を救うことはできませんでした。一方、ストーミーはRSPCAの施設に運ばれ治療を受けることに。

ストーミーのBCS(ボディ・コンディション・スコア、適正体重の評価方法) は9段階中の1でした。このことからも餓死寸前だったことがわかります。

懸命な治療の結果、3週間後には保護当時の体重の76%まで増えて順調に回復して行きました。

そして、保護から2ヶ月後には新しい飼い主さんと一緒に永遠のお家へと向かいました。

元飼い主に下った判決

元飼い主である31歳の女性は、「犬たちだけを残して数日家を空けたが、エサと水は置いて行った」 と弁明しました。しかし獣医の見解では 「少なくとも保護前2週間は、十分な栄養が足りていなかっただろう」 というものでした。

裁判の判決は…

  • 3ヶ月と2週間の禁固刑 (虐待の前歴がないこと、個人的状況から執行猶予2年)
  • 裁判費用と治療費1,141豪ドルの支払い
  • 今後の動物飼育の制限については後日言い渡し

動画のコメント欄には、これほどの虐待にこの判決は軽すぎるのではという意見があります。どのような”個人的な状況”があったとしても、犬たちの苦痛を考えると軽いのかもしれませんね。

まとめ

RSPCAのチーフインスペクターであるアンドレアさんは 「犬を飼いたい人は、なぜ犬を飼いたいのか、その犬が自分のライフスタイルにどう適合するのかを、その犬種の特徴やニーズを考慮しながら自問自答する必要があります。そして、絶対にステータスシンボルとして動物を飼ってはいけません」 と語っています。

ストーミーが末長く幸せに安心して暮らせるように切に願います。

保護当時と元気になったストーミーはこちらから(最初にとても衰弱した子犬が数秒写っていますので、苦手な方はご注意ください)

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA 南オーストラリア

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。