鼻が低い短頭種犬が陥りやすい熱中症。注意すべき兆候とは?

鼻が低い短頭種犬が陥りやすい熱中症。注意すべき兆候とは?

くしゃっとしたお顔がなんとも愛らしい短頭種のワンちゃんたち。そのチャームポイントである低いお鼻が影響して熱中症にかかりやすい犬種でもあります。今回は、熱中症の兆候をご紹介します。

お気に入り登録

ワンちゃんの熱中症の兆候とは

短頭種

パグやシーズー、ブルドッグなどのいわゆる 『鼻ぺちゃ』ワンちゃんたちですね。英語では 『スクイッシー・フェイスド』 とか 『フラット・フェイスド』と呼ばれています。

筆者も長年シーズー犬『しんちゃん』と一緒に暮らしていましたが、お鼻が低く、くしゃっとした短頭犬種はたまらなく可愛いですよね。きっと大ファンだとおっしゃる方も多いのではないしょうか。

しかしながら、その可愛らしい頭部の構造が故に、他の犬種と比べて呼吸がしにくいという点があります。

獣医のジェイコブ先生は「犬はパンティング(ハアハアと口で息をする)して体温を下げますが、短頭犬種は単純に息を吸って吐くという機能が、他の犬種に比べ不足しています。その結果うまくパンティングできずに、空気の流れを作ることができず熱中症になりやすいのです。」と説明しています。

さらに、同じく獣医のポーラ先生は「夏場になると熱中症は重大な問題で、犬がICUに入ってくる最大の原因です。パンティングで熱を放出しようとしても、全部が放出されるわけではありませんから、内部からだんだん熱が上がりオーブンのようになります。内臓から熱にやられて行きます。」とおっしゃっています。

注意すべき熱中症の兆候

まず、私たちが思っているよりも低い体温から(気分が悪くなる前から)すでに熱中症が始まっていることを念頭に置きます。

初期症状として

  • フル回転で体を冷やそうとしてパンティングが早くなる
  • 歩くスピードが遅くなる(ワンちゃんが立ち止まってしまい「行くよ〜」と促されてやっとゆっくり歩き出すなど)

後期症状として

  • ものすごい勢いでパンティングする
  • 歩けない
  • 倒れる
  • 体が熱い

そして、嘔吐や水下痢の症状が出始めたら危険な域に入ったということだそうです。

応急処置

これらは、おそらく皆さんがすでに知識として持っておられて、実行されるのではと思われますがリマインダーとして、

  • 日陰に移動させる
  • ホースで身体中に水をかける
  • 落ち着いたら直ちに獣医に診せる

何よりも危険なのは内臓で進行している症状とのことですので、一刻も早く獣医さんに連れて行ってあげることが重要ですね。

まとめ

朝晩の涼しいうちにお散歩される方がほとんどだと思いますが、思いがけず気温が高かったり、ワンちゃんの体調によったり、気を付けるに越したことはありません。

飼い主さんもワンちゃんも熱中症にはくれぐれもお気をつけて、楽しいお散歩を。

熱中症情報をぜひ動画でチェックしてみてください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA Australia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。