川遊びをしていたら犬が流された…慣れた川で起きた危険な事故の一部始終

川遊びをしていたら犬が流された…慣れた川で起きた危険な事故の一部始終

川に遊びに来た人と犬たち。飼い主さんが安易に川の中に投げた石を追って犬が水に飛び込みましたが、流れはとても強く、犬は流され始めました。

お気に入り登録

笑い事じゃない事態

水辺の危険を再認識

暑い日の水遊びは、犬も人も楽しいもの。でも自然の川には危険がいっぱいです。

この飼い主さんは、足元から石を拾って川の中に投げ入れました。2頭のうちの1頭がすかさず石を追うように川に飛び込みました。

でもここ、三角波が立ちそうなほど流れが強そうですよ?

案の定、犬はとたんに流され始め、上流に顔を向けながらみるみる下流に押し流されて離れて行きます。

もう1頭の犬が心配してかけ寄ってきましたが、流される犬の頭は、川に張り出した木々の下に吸い込まれるように見えなくなりました。

飼い主さんたち2人の笑い声は止み、「あぁ…」と途方にくれた声をもらします。「テオ!おいで!」と強く呼び、口笛を吹きますが、テオは見えません。最悪の結末…!?

イヤな予感が2、3秒続いた後、かなに遠くに川を横切る犬の頭がちらっと見え、犬は無事中洲(なかす)に上がりました。

飼い主さんは「いい子ね!よくやった!」と安堵(あんど)の笑い声を上げます。一瞬の不安の後に思わず笑いが出てしまったのでしょうが、本当、笑いごとじゃありません!

犬は中洲をこちらに向かって走って戻ってきます。

ところが…!

せっかく戻ってきた犬、こちら側の岸辺の飼い主さん目指して、また川にドボンと飛び込んだ!そして、さきほどと同じように強い流れにつかまって、同じように下流に流されて行ってしまいます。

待っているしかない飼い主さんたち2人は、またここで笑ってしまいます。もう一度、声を大にして言いますよ。これ、笑いごとじゃありませんから!

今回は、流されながらも斜めにこちら側の岸に泳ぎつきましたが、危なかった。岸に上がったテオは、少し疲れたようです。

無事戻れたのは、泳ぎが得意で体力があったことと、少しの幸運があったから。そうでなければどうなったかわかりません。

実は、よく遊びに来ている川なのだそうです。でも慣れているからといって、川は毎日同じではありません。水位が高かったり低かったり、水温も微妙に違ったりと毎日条件は変わります。

犬の体調も、日々異なります。昨日まで問題なかったから今日も絶対大丈夫、とは言えないのです。

実はテオは普段、このように石を追って行くことはなかったそうで、飼い主さんはテオが追いかけるとは思わずに、ふと投げ入れてみたようです。この日のテオは、それに誘われてしまったのですね。

自然の中で思い切り遊ぶのは、犬にとってもとても楽しいもの。でも少なくとも、この動画の川の流れは遊ぶには強すぎです。おだやかに見える水でさえ、危険がひそんでいるかもしれないのです。

犬の飼い主は、犬が思わぬ行動を取る可能性を考慮して注意すべきですね。案の定、この動画についた5件のコメントは、すべて飼い主への批判となりました。

犬は小さい子どものようなもの。人の判断力を磨かなければ、最悪の事態を招くことを心にとめておきましょうね。

反面教師の動画をどうぞ!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ViralHog

Viral Hog

▼ ViralHogYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/Viralhog

▼ ViralHogRumble
https://rumble.com/user/ViralHog

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。