犬のゲノム改良版で様々な犬の病気の解明に期待!

犬のゲノム改良版で様々な犬の病気の解明に期待!

リファレンスゲノムと呼ばれる犬の遺伝情報について以前よりも改良されたものが発表されました。犬の医学の分野で特に期待されるこの情報についてご紹介します。

お気に入り登録

イヌのゲノムの新しい解読情報

DNAと犬の3Dイラスト

2004年アメリカ国立ヒトゲノム研究所がイヌのゲノムを解読し、その後ヒトゲノムとの比較なども発表されました。

そして2021年、スウェーデンのウプサラ大学とスウェーデン農業科学大学の研究者が新しい方法を使って、より完全なイヌのリファレンスゲノムを構築したという発表がありました。

ゲノムとは簡単に言えば全遺伝情報、生物が持っている全ての遺伝情報のことです。この度発表されたリファレンスゲノムというのは、DNAの塩基配列の決定や再構築が完了した全遺伝情報のことです。

遺伝情報の改良版とはどういうこと?

古い本をかじる子犬

研究者はゲノム(全遺伝情報)という言葉を説明するのにとても解りやすく、ゲノムを本に喩えています。

ある生物のゲノムはその生物の全遺伝情報が記された本だと考えることができるというものです。

従来のイヌゲノムという本には、多くの単語や文章が抜け落ちていたり、間違った順序で書かれている箇所がたくさんありました。新しい技術のツールを使うことで間違った順序になっていた配置を訂正し、抜け落ちていた部分も埋めることができたというわけです。

具体的には従来のイヌゲノムでは、欠落していた部分が23,000カ所を超えていたのがこの度の研究では585カ所にまで減少しました。今までは不明だった箇所が明らかになったために、犬の遺伝情報を調べる際に判ることが増えたということです。

新しい遺伝情報があるとどんなメリットがある?

獣医師に抱かれるヨーキーの子犬

ゲノムや遺伝情報と言っても日常生活の中ではピンと来ないし、何の役に立つの?と思われるかもしれません。

イヌのリファレンスゲノム改良版が役に立つ日常生活に関連する事柄と言えば、犬の病気の研究です。

獣医学の発達に伴って、数十年前に比べると犬の平均寿命は大きく延びました。しかし犬の老年期が長くなることで、かつてはあまり見られなかった難治性の病気も増えています。犬のガンの増加などもその一例です。

イヌゲノムの従来欠落していた部分には病気に関する領域が多く含まれていました。改良版で明らかになった遺伝情報を研究することで、病気の原因や治療方法が解明されることも期待されます。

具体的には、犬の骨肉腫、全身性エリテマトーデス(SLE)筋萎縮性側索硬化症(ALS)が現在研究の対象となっているそうです。

犬は人間と同じ環境で暮らしているため罹る病気も人間と共通するものが多く、犬の病気の遺伝学を研究することは人間の同じ病気の原因や治療の手がかりになると言われています。

まとめ

3頭のシベリアンハスキー

イヌのリファレンスゲノム改良版が構築され、従来は不明だったり間違いだったりした部分が訂正された、より完全に近い遺伝情報が発表されたというニュースをご紹介しました。

遺伝性の疾患や、犬種特有の疾患、特定の毛色や目の色に多い疾患など、犬を飼っていると遺伝と健康の関係に敏感になる機会が多いと思います。

自家繁殖をするつもりはない、愛犬は雑種だから関係ないと考える方もいるかもしれませんが、遺伝に関係のない生き物はいません。

難解でとっつきにくい遺伝子やゲノムといった世界ですが、ニュースや解説をこまめに目に留めておくことで、いざという時に獣医師に相談する選択肢が増える、先生の説明が理解しやすいなどがあるかもしれませんね。

《参考URL》
https://www.nature.com/articles/s42003-021-01698-x

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。