英国で犬に咬まれて怪我をした大人が過去20年で3倍に増加【研究結果】

英国で犬に咬まれて怪我をした大人が過去20年で3倍に増加【研究結果】

イギリスでの公衆衛生の研究で、過去20年間で大人が犬に咬まれて怪我をした件数が3倍に増えていることが分かりました。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

犬の咬傷で入院した人の数を調査

足を怪我している男性の隣に座って見上げる犬

犬が人を咬んで怪我をさせてしまうという事故は、世界中どこでも健康に対する深刻な脅威です。

先ごろイギリスのリバプール大学人獣共通感染症のリサーチユニットが、1998年〜2018年の20年間に犬の咬傷で入院した患者の発生率や傾向を調査し、その結果を発表しました。

調査結果で目立っていたのは成人の入院が特に増加していたことでした。犬に咬まれて入院するというのは相当な重傷です。それが増加しているというのは公衆衛生上の大きな問題を示しています。

犬に咬まれた成人の入院患者は20年で3倍に

入院患者と点滴を準備するナースの手

研究者チームは1998年〜2018年の間にイギリスの国民保険病院に犬の咬傷で入院した患者の発生率を調べました。

全ての年齢層の入院率は1998年には10万人あたり6人だったのが、2018年には10万人あたり15人に増加していました。これは2018年には8,000人以上が犬に咬まれて入院したということです。

犬の咬傷事故の被害者には一般的に子供が多いのですが、この調査でも14歳以下の子供が入院患者の約25%を占めていました。20年間の推移には大きな変化はなく一貫して高いままでした。

これとは対照的に、成人の入院率は1998年には10万人あたり5人だったのが2018年には15人と3倍に増加していました。中でも35〜64歳の女性が最も大きい増加を示しました。

地域による差が大きいことも明らかになりました。ロンドンは最も発生率が低く、全体に都市部よりも農村部での発生率が高かったそうです。犬の咬傷事故に関連した医療費も増加しており、社会全体の大きな問題であることが分かります。

犬が咬むということに対する理解

怒っている小型犬に近づいて触ろうとしている女性

イギリスでは、犬の咬傷事故を予防するためのキャンペーンや教育が継続して行われています。それにもかかわらず入院するような大きな怪我をする人が増えているということは、それらの対策を根本的に見直す必要があるということです。

また、イギリスには特定の犬種の飼育を「危険である」という理由で規制する法律がありますが、犬の咬傷事故は複雑で多因子であるため犬種の規制では解決する可能性は低いと研究者が指摘しています。リバプール大学の動物行動学者は犬が咬むということについて、次のような注意点を挙げて理解を求めています。

  • ほとんどの咬傷事故は自宅で起きている
  • 咬んだ犬のことをよく知っていても咬傷事故は起きる
  • どんな犬でも咬む可能性があるということを認識しておく
  • 犬にとって咬むことは本来望まない最後の手段である
  • 犬がある状況に対して警告を出したら、犬または人のどちらかが場を離れる
  • 普段から犬に十分な運動と精神的な刺激を与える
  • 犬が邪魔されずに過ごせる安全な場所を確保する

このように犬が咬むことの責任は人間の側にあることを強調しています。

まとめ

手を出されて緊張している犬

イギリスで過去20年の間に犬に咬まれて入院した人の数が大きく増加したという調査結果をご紹介しました。

研究者たちは、犬の咬傷事故の効果的な予防方法を開発するために、さらに調査を進めていくことが必要だと述べています。日本の犬と飼い主にとっても役に立つ面がたくさんある研究ですので、今後の動向に注目したいと思います。

《参考URL》
https://www.nature.com/articles/s41598-021-81527-7

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。