糖尿病の犬の飼い主は同じ病気のリスクが高いという研究結果

糖尿病の犬の飼い主は同じ病気のリスクが高いという研究結果

2型糖尿病を患っている犬の飼い主は、愛犬と同じ糖尿病になるリスクが高いという研究結果が発表されました。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

ペットと飼い主が同じ病気にかかるリスクについての研究

犬と食べ物を膝に置いている女性

ペットと飼い主が同じ病気にかかるリスクや関連についての研究結果が発表されました。この研究はスウェーデンのウプサラ大学と他の3つの大学との共同で実施されたもので、犬とその飼い主、猫とその飼い主について、2型糖尿病を発症する可能性に共通点があるかどうかが分析されました。

2型糖尿病とは最も一般的なタイプの糖尿病で、ほとんどが40歳を過ぎてから発症します。病気の要因はさまざまですが、食生活や運動などの生活習慣と体質の組み合わせで起こると考えられています。

この研究では触れていない1型糖尿病は何らかの原因で膵臓の一部が損傷してインスリンが作れなくなる糖尿病です。生活習慣は関係がありません。

犬と飼い主、猫と飼い主、糖尿病発症リスクは共通する?

犬を抱く男性と猫を抱く女性

この研究では2007年1月から2012年12月の6年間の期間の間のペットの飼い主の2型糖尿病発症率と、その人たちが飼っている犬と猫の2型糖尿病の発症率が分析されました。データは全て各種データベースに記録されているものが利用されました。

犬の飼い主は約17万5千人、猫の飼い主は約9万人です。これらの人々は調査開始時に全て中年以上の年齢に達していました。

さて分析の結果ですが、飼っている犬が2型糖尿病を患っている場合に飼い主も同じく2型糖尿病を発症するリスクは、犬が健康な場合に比べて38%高いことが分かりました。

猫の場合は、ペットと飼い主の間に糖尿病の共通リスクは検出されませんでした。

犬と飼い主はなぜ糖尿病のリスクを共有している?

ピザを与えられる小型犬

なぜ犬が糖尿病だと飼い主も糖尿病のリスクが高いのでしょうか?糖尿病は感染症ではありませんから、もちろん犬から飼い主に伝染するというわけではありません。

研究者は犬と飼い主の間の糖尿病の関連性は、両者に共通する食習慣、肥満、身体活動パターンによって説明できる可能性が高いとしています。過食や運動不足の傾向が共通し肥満の状態になれば2型糖尿病のリスクは犬でも人でも高くなります。

この場合、犬は食事も運動も飼い主が与えるものが全てですから「犬が2型糖尿病を発症する生活パターンを与えている飼い主は自分自身も2型糖尿病になるリスクが高い」と言うのが正確な表現でしょう。

猫は身体活動のパターンを自分で決める傾向が強いので、猫と飼い主の間では糖尿病発症リスクが共通していないのだと考えられます。

まとめ

犬とジョギングする女性

犬とその飼い主、猫とその飼い主それぞれの2型糖尿病発症率を調査期間6年間の中で分析した結果、犬の糖尿病発症は飼い主も同じ病気のリスクが高いことを示しているという研究結果をご紹介しました。

犬は人間よりもライフサイクルが短い分、同じような生活パターンを送っていると人間よりも早く病気を発症する可能性があります。

犬の食事について内容や食べ方に注意を払うと自分自身の食生活も何となく気になり始めたという方は少なくありません。また犬と暮らすことは毎日定期的に軽い運動をする絶好のチャンスです。こうして考えると、犬と飼い主の生活や健康は良くも悪くも鏡のような部分があると言えますね。

糖尿病に限定せず、愛犬と自分の生活を振り返ってみるきっかけになりそうな研究結果でした。

《参考 URL》
https://www.bmj.com/content/371/bmj.m4337

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。