人ごとではない!イギリスで犬の盗難が多発中、その背景は?

人ごとではない!イギリスで犬の盗難が多発中、その背景は?

コロナ禍によるロックダウンの影響で、イギリスでは犬の盗難が増えているというニュースが報道されています。その理由を聞くと日本でも人ごとではありません。

お気に入り登録

コロナによるロックダウンとペットブーム

愛犬を抱いてリモートワークする男性

コロナウイルス のせいで世界中の都市でロックダウンが行われ、引きこもり生活を余儀なくされた人々がたくさんいます。

そんな不自由な生活の精神的なサポートとなったのが犬や猫だったと報告する声も多く聞かれます。また仕事や学校に行けないため、ちょうどこの機会にペットを飼い始めようと考える人も多数出ました。

そのせいで急激に犬や猫の需要が高まり子犬や子猫の不足が起こりました。結果、ペットの価格が高騰し、そこに目をつけた犯罪者による犬の盗難が急増しているとのことです。

コロナによるペットブームで価格高騰は世界各地で起こっており日本も例外ではありませんが、犬の盗難が急増しているというニュースはイギリスからのものです。

行き当たりばったりではない組織的な犯行

いぬを盗もうとしている不審者

イギリスで多発している犬の盗難、これの恐ろしいところは下調べをして計画を立て狙ったターゲットから盗んだ犬を使って繁殖をしようという組織的な犯行である点です。

自宅で小規模にブリーダーを営んでいる人の家が狙われやすく、裏庭で遊ばせていたり、屋外の犬舎の中から、母犬と子犬の両方が盗まれていったりするそうです。想像しただけで震え上がるほど恐ろしく悲しいですね。

迷子の犬や失踪に関する相談を受けている組織の専門家は、過去30年間で最悪の年だと述べています。警察によると、2020年1月から7月の間に報告された犬の盗難の数は前年と比較して桁が2つ増えたそうです。

ペットの盗難に関するより厳格な判決ガイドラインを求めるキャンペーンも行われています。

犬の盗難は日本でも決して人ごとではない

マイクロチップ読み取り中の犬

先に書いたように、人々が自宅にいる時間が増えた影響で犬を飼いたい人が増えてペットブームが起きているのは日本も同じ状況です。販売できる動物の数が不足して価格が高騰しているところも同じです。

イギリスのような組織的な盗難とまでは行かなくても、心ない人や犯罪者に愛犬が盗まれるリスクは高まっていると警戒した方が良さそうです。

犬の盗難の防止対策には次のようなものが挙げられます。

  • 買い物中、犬をつないでおいて待たせるようなことはしない
  • 外飼いは止めて室内飼いにする
  • 庭などに放す時にも目を離さない
  • 監視カメラを設置する
  • ネームタグを付けた首輪を着用する
  • マイクロチップを装着する
  • 万が一盗難に遭った場合は、保健所と警察の両方に届けを出す

マイクロチップはまだ普及率は低いですが、チップの読み取り機は全国の動物保護センターや保健所などに配備されています。残念ながら警察ではまだ読み取り機を置いているところは一部なのですが、チップが入っていれば読み取りは他の場所でも出来ます。

散歩中やドッグランなどでも、おしゃべりやスマホに夢中になって犬から目を離しっぱなしということがないよう注意しましょう。

まとめ

おでこをくっつけあった女性と犬

イギリスではコロナ禍によるロックダウンを機にペットブームが起こり、その影響で犬の盗難が史上最悪の規模で増えているというニュースをご紹介しました。

愛犬が盗まれて安否さえもわからなくなるというのは、考えたくもない悪夢です。できる限りの対策を立てて、愛犬の安全を確保して行きましょう。

《参考URL》
https://www.bbc.com/news/uk-england-54372778

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。