おやつに執着して唸る噛む…イタグレの出張トレーニング結果に驚き!

おやつに執着して唸る噛む…イタグレの出張トレーニング結果に驚き!

触ろうとするだけで唸っていたイタリアン・グレーハウンドのフードアグレッシブを改善!「愛の手」を持つポチパパさんの愛犬問題行動改善トレーニングをご覧ください。

お気に入り登録

フードアグレッシブ!問題行動改善トレーニング

今回はおやつへの執着によって唸る、噛むなどの行動を起こしてしまう『フードアグレッシブ』の改善トレーニングのため依頼者さん宅へとやってきたポチパパさん。今回トレーニングを受けるのは、1歳のイタリアン・グレーハウンドです。

飼い主をも唸らせた愛の手

はじめは近づくだけで唸り声をあげていたイタグレさんですが、ポチパパさんがしばらく触れ合っていると…「ノー」ポチパパさんの仕草ひとつでおやつを離すようになりました。思わず飼い主も「おお…すごい…!」と声を漏らします。

いよいよ本番…!

いよいよ、自分のベッドでおやつを抱え込むイタグレさんからおやつをドロップ(落とす、渡す)させていきます。唸り声をあげ、今にも噛みつきそうだったイタグレさんですが…ポチパパさんがおやつに触れると…。

主従関係と信頼関係の重要さ

なんとすっとおやつを離しました。唸ったり噛んだりすることはありません。ポチパパさんは「声をあげて注意したり押さえつけたりして取り上げるのは逆効果です。じっと待ってあげてください」と、あくまでも愛犬のペースも大切にしなければならないことを説明。

信頼と尊敬の表情に

おやつを持っているポチパパさんを黙って見上げるイタグレさんの表情からは、心なしか信頼や尊敬などの感情さえ読み取れるようになっていますね。

ビフォー・アフターに驚き!

ポチパパさんがおやつを差し出しても…本当に食べて良いのかどうかを考えるような素振りを見せるようにさえなりました。唸り声をあげていた時からは考えられませんね。「すごい…」その言葉しか出てこない飼い主さん。

「このようなトレーニングを続けることで、飼い主さんの声でコントロールできるようになります。怒鳴り声や力づくでコントロールするのは絶対にだめ。あくまでも冷静に、リラックスをしてエネルギーでやり取りしてください」

ポチパパさんはそう話されています。訪問トレーニングであっという間に改善された問題行動。ポチパパさんの『愛の手』は、イタグレさんと家族の未来をより明るく照らしました。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。