先天性感覚障害のある犬が持っている素晴らしい可能性【研究結果】

先天性感覚障害のある犬が持っている素晴らしい可能性【研究結果】

遺伝的な問題で生まれつき目や耳に障害のある犬が、健常な犬と同じように様々な活動に参加することはできるでしょうか?興味深い研究の内容をご紹介します。

お気に入り登録

特定の毛色を決定する遺伝子と先天性障害

2匹のマールのボーダーコリー

犬の毛色は犬種は個体を識別する大きな要素で、人間の好みが大きく関わる部分でもあります。そのため、その時々で人気の毛色というものもあります。

マール(大理石のように薄い地色に同じ色調で濃いトーンの斑)パイボールド(白地に1色または2色の斑)アイリッシュスポット(四肢先端、首、頭部に白い部分がある)は人気の毛色パターンですが、これらの毛色を決定する遺伝子の突然変異の結果として先天的に障害を持って生まれて来る犬がいます。

毛色に関連する遺伝子の変異によって生じる障害は色素欠乏症とそれに関連する聴覚および視覚が主なものです。

耳が聞こえない、目が見えないなど先天性感覚障害を持って生まれてきた犬の将来は一般的には悲しいものとして捉えられます。生まれてすぐに安楽死処分となる例も少なくありません。

フランスのエクス・マルセイユ大学の研究者は、先天性感覚障害を持つ犬に関していくつかの仮説を立て、それを検証するためのリサーチを行いました。

検証されたのは次の3つの仮説です。

  • 先天性感覚障害のある犬は、心臓、骨格、神経などにも深刻な問題がある例が多い?
  • 先天性感覚障害のある犬は、攻撃性や分離不安など行動障害がある例が多い?
  • 先天性感覚障害のある犬は、訓練や使役に必要なコミュニケーション能力が低い?

障害のある犬と健常な犬の比較調査

ダルメシアンの横顔

上記のようなことを検証するための科学的なテストというものは今のところ無いそうです。このリサーチが初めてのものとなります。

リサーチは犬の飼い主を対象にしたオンラインアンケートという形で実施されました。

複数の国の、先天性感覚障害がある犬の飼い主と、健常な感覚の犬の飼い主が参加しました。内訳は、障害のある犬223匹(視覚障害23匹、聴覚障害63匹、視覚および聴覚障害137匹)健常な犬217匹でした。

2つのグループの犬たちは、犬種、性別、年齢、飼い主との生活年数の分布がほぼ一致するよう選ばれています。健常な犬のリサーチ結果は比較のためのベースラインとなります。

アンケートの質問内容は、毛色など形態上の特徴、感覚障害の詳細、健康と行動上の問題、犬の普段の活動、飼い主とのコミュニケーションで、回答は詳細に分析されました。

視覚や聴覚に障害がある犬にも明るい可能性が

青い眼のオーストラリアンシェパード

先天性感覚障害のある犬のほとんどは、被毛と眼の虹彩に色素欠乏を示していました。視覚障害のある犬の多くはマール遺伝子に関連する眼の異常を示していました。

先天性感覚障害のある犬では神経学的な障害が多く報告されました。この点は3つの仮説の一部と一致しましたが、心臓や骨格に関する障害はありませんでした。

他の2つの仮説に関しては当てはまらず、先天性感覚障害があることが行動障害につながるわけではなく、コミュニケーションや普段の活動についても問題がないことが分かりました。

研究者は、視覚や聴覚に障害のある犬に嗅覚を使ったスポーツや場合によっては職業を訓練することで、先天性感覚障害がある犬の生活の質や福祉の向上につながる可能性を示唆しています。

まとめ

地面を嗅ぐジャックラッセルテリア

毛色に関連する遺伝子の突然変異が引き起こす視覚や聴覚の障害を持って生まれてきた犬の健康や生活全般に関する初めてのリサーチの結果をご紹介しました。

先天的に耳が聞こえなかったり目が見えない犬も、活動やコミュニケーションに問題がなく、楽観的な可能性を持つことが示されました。

このリサーチに参加した犬たちのような先天性の障害は、無責任や無知な繁殖の結果として起こることがほとんどです。

言うまでもなく、この研究はそのような繁殖を肯定するためのものではありません。しかし繁殖者の意図とは別に、生まれて来た犬の福祉が無視されることがあってはならないことです。

研究者は今後さらに詳しいリサーチが必要だと述べていますが、先天性障害を持っている犬の明るい可能性を一般の人に知ってもらうためにも大きな意味のある研究だと言えます。

《参考URL》
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0230651

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。