1万4千年前の子犬の胃で発見された氷河期の動物【研究結果】

1万4千年前の子犬の胃で発見された氷河期の動物【研究結果】

2011年に発見された氷河期の子犬の遺体、その胃の中にあったものは驚くべきものでした。古代のドラマを感じさせるこの発見についてご紹介します。

お気に入り登録

2011年に発見されたほぼ完全な氷河期の犬の遺体

ロシア特有の品種の犬2匹

近年、地球温暖化の影響でシベリアの永久凍土が解けてしまい、そこに1万年以上も埋まっていた古代の生き物の体が発見される例が増えています。

決して歓迎できることではないのですが、発見された生き物の体からは、かつて解らなかった様々なことが判明しているのもまた事実です。

2011年、シベリアのトゥマトという場所の遺跡から、ロシアの研究者たちが犬またはオオカミと思われる毛皮で覆われた動物を発掘しました。ほぼ完全な形で保存されていたその動物は、まだ子犬で、胃の中には毛で覆われた組織片が入っていました。

その組織片は黄色っぽい毛皮の色からホラアナライオンと呼ばれる、大型ネコ科動物のものだと考えられていました。

DNA解析が明らかにした井の中の動物の正体

ケブカサイの復元図

しかし、2020年スウェーデンの自然史博物館の生物情報工学と進化遺伝学の専門家による調査の結果、子犬の胃の中の動物はライオンではなくサイであったことが明らかになりました。

組織片のDNA解析を行い、その結果とデータベースにある他の古代哺乳動物のミトコンドリアDNAを照合したところ、ケブカサイとほぼ完全に一致したのだそうです。

ケブカサイはマンモスと並んで氷河時代を代表する動物として知られています。現在アフリカにいるシロサイとほぼ同じ大きさで、身体中が毛で覆われていました。このケブカサイの組織を放射性炭素年代測定法で調査した結果、約1万4400年前のものであると判断されました。

サイの組織片から浮かび上がる謎とドラマ

こちらを見つめるオオカミの子ども

このケブカサイという生き物は、1万4000年前に絶滅したことが知られています。つまりこの子犬はケブカサイの最後の生き残りの一頭を食べたと考えられますが、犬のサイズとサイのサイズを考えると子犬が直接このサイを襲って食べた可能性は低いと研究者は述べています。

研究者たちはまた、この組織片がほとんど消化されていないため、サイを食べた直後にこの犬が死亡したことにも注目しています。子犬が死んだサイを発見したのか、または子犬の仲間の成犬がサイを狩ったのかもしれません。

そして、この子犬は狩られたサイの仲間の反撃に遭って命を落としたのかもしれません。完全な姿で発見された子犬は、調べるほどに古代の生き物たちのドラマを伝えてくれるようです。

また、発見されたケブカサイの核ゲノムの分析は近親交配の増加や遺伝的多様性の現象を示しておらず、このサイの絶滅は急速な温暖化によって引き起こされた可能性があるそうです。

気候変動による種の絶滅の歴史という、現代に太くつながるような問題が犬のお腹の中から発見されるというのは実に興味深いことです。

まとめ

氷河時代の遺跡に立つトイプードル

10年前に発見された1万4千年前の犬の胃の内容物、そのDNA解析の結果から思いもよらない絶滅動物の情報が明らかになったという調査報告をご紹介しました。

現代の犬が何らかの形で偶然保存されるようなことになり、何千年何万年という未来に発見されたら、未来の人は犬のお腹に残っているドッグフードや、体内に残っているマイクロチップを見てどんな感想を持つのだろうと、壮大な想像をしてみたくなります。

《参考URL》
https://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(20)31071-X

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。