犬が死ぬ直前の『末期症状』4選 飼い主にできることを考える

犬が死ぬ直前の『末期症状』4選 飼い主にできることを考える

この記事では「犬が死ぬ直前の『末期症状』4選 飼い主にできることを考える」をテーマに、ワンちゃんの末期症状についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が死ぬ直前の末期症状1:排泄のコントロールができなくなる

おむつを穿いてソファーに横たわっている犬

意識が朦朧とし寝たきりになると肛門の筋肉が緩み、いわゆる垂れ流し状態になることがあります。同時に尿漏れがおこることもあります。オムツやペットシーツなどで受け止められるようにします。汚れた状態が続くと褥瘡(床ずれ)の原因になるので、できるだけこまめに掃除して清潔な状態を保ちたいですね。

犬が死ぬ直前の末期症状2:体温が下がる

仰向けで熱を測っている犬

死期が近くにつれ代謝が落ちるので、体温も下がってきます。元気な頃にはあった温もりが少しずつ無くなってきます。毛布や湯たんぽなどを使って温めてあげるといいでしょう。その際に温めすぎも良くないので、温度調節をするようにしてください。

犬が死ぬ直前の末期症状3:けいれんする

横たわって飼い主に手を握られている犬

例として、

  • 手足をバタつかせるように痙攣
  • ピンと手足を張ったように痙攣
  • 体の側面がビクビクと痙攣

などが挙げられます。

愛犬が痙攣してるときは無理に押さえつけようとせず、柔らかいクッションなどで周りを囲み怪我をしないようにしてあげましょう。

犬が死ぬ直前の末期症状4:呼吸が荒くなる

飼い主に抱きしめられている犬

ハアハアと浅い呼吸になった後、静かに息を引き取ることがあります。危篤状態になると死戦期呼吸と呼ばれる呼吸状態になり、肺に十分な酸素を送ることができなくなります。しかし、これは安らかに眠る準備でもあり、やがて意識が遠のき眠るように息を引き取ることがあります。

飼い主にできること

飼い主の腕の中で休んでいる犬

看取りを考える

愛犬の死期が近づいてきたと感じたら、どういう最期を送らせてあげたいか考えましょう。例えば自宅で看取るのか、病院で最期までケアしてもらうのかの選択があります。愛犬を自分の腕の中で見送りたい場合は仕事や外出の予定の調節をしたり、ずっと側にいられる体制を整えたりしたいですよね。

届出などの手続を知っておく

愛犬が亡くなってから30日以内に死亡届を市町村に提出することが義務付けられています。(狂犬病予防)届出の際、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号、犬鑑札、狂犬病予防注射済票などが必要になります。

まとめ

手を握られ横たわっている犬

老衰など症状が何もない場合もありますが、何らかの病気を患っていた場合は、このような様々な末期症状を伴います。いざ目の当たりにすると見ている側は辛いですが、それよりも苦しんでいるワンちゃんの方が辛い状態です。

そのため体調の具合が最期を迎えそうなときの場合、飼い主さんが取り乱すのではなく、ワンちゃんの身の回りの環境を整えたり、優しく声をかけたりして接するなどして、少しでもワンちゃんを幸せな気持ちで送れるようにしてあげてください。ワンちゃんもそんな優しい飼い主さんと出会えて良かったと思ってくれるはずです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    愛犬が虹の橋へ行き、2週間が経ちました
    この記事がかなり気になり読みました

    最後の2週間は病院通いでした
    なぜかその日は仕事にいく気分でなく休み、オムツ替えてあげようと話かけると、グッタリして異常に頭が冷たいので、すぐ病院へ。
    老衰と言われましたがほんとに老衰だったのか、ネットを見ると、ダックスのシニアに多いクッシング症候群にたどり着きました
    すべて先生に相談した症状ばかり、しかし先生は老犬によくあること。と
    クッシング症候群なんて病気を知らなかったばかりに愛犬につらい思いをさせてしまいました
    最後は舌を噛み苦しそうな顔でした
    でも、先生は眠るように逝ったと穏やかな顔だね。と同じ思いをしてほしくないので、一ヶ所の病院の診断を信じるのはしない方がいいと思います
    最後の日は、この記事にある症状もありました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 北川 晴美

    8歳のシーズーです。しっぽに腫瘍ができ、ライオンちゃんしっぽにしていた可愛いしっぽを切断しました。痛くないのかな不便はないのか心配でした。ホルモンの病気からなのか悪性なのかまだ、病理検査の結果は聞いてませんが、血液検査の結果とお尻のあたりの左右対称に毛が薄くなるなど踏まえて、クッシング症と診断されました。まずはしっぽをしっかり治してからCTをかけて治療法を考えようということになりました。また、エコーの結果で、たんのうに泥が溜まってると言われて、どうしてあげたら良いか‥自分の子供のことのように目の前が真っ暗になるような感覚でした。痛いとか辛いと言わないから‥虹の橋を渡るまで出来る限りのことをしてあげたいとおもいます。今回の記事、メモメモものでした。ありがとうございます。
    北川 晴美の投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 よんママ

    ケアンテリアを8歳で、ラブラドール2頭をを13歳と15歳寸前で亡くしました。
    病気で長く通院した子、元気だったのに突然亡くなった子、てんかんを起こすようになって、発作を繰り返したものの、静かに息を引き取ってくれた子、それぞれの最後でしたが、できるだけのことはしてあげたつもりですし、最後を一緒に過ごせたことで後悔せずに済んだと思います。
    職場にも犬や猫と一緒に暮らしている人が多く、気持ちを理解してもらえたので、仕事を休ませてもらうことができました。
    それでも短時間のお留守番をしてもらって買い物に出ることもありましたが、その間に逝ってしまったりせず、きちんと看取らせてくれたことは、あの子たちの優しさだったのかもしれません。

    もし、最後の瞬間を看取れないとしても、命の期限はわからないのだから仕方のないことだと思います。どんなふうに一緒に生きたかが大切なんだと思って、今新しい家族、ジャックラッセルテリアと日々を過ごしています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 きゃさりん

    とても 為になる記事で 読みながら やっぱり涙が 出てきました
    18歳のチワワ介護中です
    何ひとつ病気したことなかったのに16歳で突然てんかん起こし……その後 発作を抑える薬で1年半 何もなかったのに ある日 帰宅すると 発作を起こしていて
    そこから 10回以上 激しい痙攣を繰り返し何度も先生に 電話して 様子見て 明け方 病院へ。
    重積発作という発作らしく 脳に後遺症が残り 最初は歩くことすら できず
    白内障だったものの 全盲になってしまい……
    お別れを覚悟してました
    しかし 病院では この「重積発作が起こるかもしれない 起こったら こんな 危険がある」なんて ひと言も聞かされていなくて
    この 1年半は 毎月 病院へ 薬もらいに行ってたのに「なにもなければ検査しなくていいですよ」と 言われてて……
    せめて 3ヶ月に1度でも 血中濃度測定してくれてたら……と 悔やまれて仕方ないです

    でも 悲しんでいても仕方ないので
    そこから 必死で介護して 歩いたり ゴハン食べたりできるようになったものの……私のことも 忘れてしまってるみたいですね

    でも 最後まで しっかり介護してあげよーと 毎日 「今日も生きててくれてありがとう」と声をかけ 過ごしています
    おしっこも あちこちにしちゃうし
    よくお腹壊したり
    たぶん 急に認知症の症状が出てきたらしく
    夜泣きや徘徊 毎日寝不足ですが
    本当に 「生きててくれることが ありがたい」気持ちで 大切に過ごしています。
    ただ……病院では 起こる症状に なにかにつけて 「もう 歳が歳だからね〜……」と 片付けられてしまってる気がします。
    「もう18歳なんだから 仕方ないよ」と。

    今は 眠ってる時間は ほんとに多いけど
    毎日 穏やかに 暮らせれるよーに 最善のことをしてあげてます
    あの時 亡くならずに 生きてくれて
    私に 介護してあげれる大切な時間を 与えてくれたことに感謝して。




はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。