唸る&咬むのため殺処分が確定していた野良犬に差し伸べられた愛の手

唸る&咬むのため殺処分が確定していた野良犬に差し伸べられた愛の手

殺処分が確定していた『誰も触れていない野良犬』に差し伸べられる『愛の手』。ポチパパさんによるリハビリの様子をご覧ください。

お気に入り登録

誰も触れない野良犬を迎え入れ

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。『殺処分ゼロ』を目指すポチパパさんの『愛の手』は日々多くの犬達、そしてその家族の心を救っています。

殺処分が確定していた野良犬

今回、ポチパパさんが迎え入れたのは、保健所で殺処分が確定していたという白いわんちゃん。

ポチパパさんの見立てでは『野犬ではないが、野良犬歴が長かったのだろう』とのこと。

ひどく人を警戒しており、唸る咬むで誰も触ることさえできなかったといいます。

腰は引き、唸り続ける

ポチパパさんは、この子は紀州犬が入ったミックスであろうこと、恐怖心から攻撃的になってしまうのであろうことを説明。

警戒させないようそっと寄り添い様子を見ます。

去勢手術の麻酔時につけてもらったという首輪の締め直しを行うため、警戒心が解ける時を焦らずじっと待つポチパパさん。

背中を向けてリラックスさせる

『正面から目を見て近づくなんてもっての他』。できることなら背中を向けて近づき、犬の左側につくのがおすすめなんだそう。

そして少しずつ少しずつ…焦らず、ゆっくりと犬の体に触れていきます。

「咬む可能性が高い。ぶっつけ本番なので噛まれた場合はカットします」と、動画の冒頭で説明していたポチパパさんですが…。

首輪の閉め直しと触れることに成功!

「人間側もリラックスすることが大切。恐怖を感じていることが犬に伝わると、余計な不信感を抱かせてしまう」そう語りながらそっとそっと…体へと手を伸ばしていきます。

無事、体に触れ首輪を閉め直すことに成功!

場数を踏んできた自身でも、この瞬間はかなり緊張するそうです。

少しずつリラックス…?

この動画の撮影中には咬まれずに首輪を閉め直すことに成功したポチパパさんですが、実はそれまでに一度咬まれかけたそうです。今後リハビリをしていくとのこと。

心なしか、わんちゃんもリラックスし始めているように見えますね。咬むと分かっていても愛おしそうに優しく語りかけ、寄り添ってくれるポチパパさんの気持ちが少しは伝わっているのかもしれません。

今、一匹の野犬の未来が明るく照らされはじめました。ポチパパさんの愛の手によるリハビリが始まります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。