パンデミック下で米国の盲導犬育成団体が子犬達のために工夫していること

パンデミック下で米国の盲導犬育成団体が子犬達のために工夫していること

盲導犬候補の子犬を育てるパピーウォーカーはボランティアの仕事ですが、アメリカの盲導犬育成団体がパンデミックの中で実行している様々な工夫をご紹介します。

お気に入り登録

パンデミックは盲導犬候補の子犬たちにも影響

イエローと黒のラブラドールの子犬

目の不自由な方をサポートする盲導犬たちが本格的な訓練を受ける前の1年余りの時間は、パピーレイザーと呼ばれるボランティアの家庭で育てられます。
(日本ではパピーウォーカーという呼び方がよく知られています。アメリカではパピーレイザーと言います。)

しかし現在世界中で拡がっている新型コロナウイルス禍は盲導犬育成のためのパピーレイザープログラムにも影響を及ぼしています。盲導犬の育成を行い、アメリカおよびカナダの目の不自由な方々に無料で盲導犬を提供しているチャリティ団体ガイドドッグズオブアメリカは、このパンデミックの中でも様々な工夫で子犬たちを無事にボランティアの家庭に送り出すべく工夫をしています。

子犬の受け渡しはドライブスルー方式で

車窓から顔を出すラブラドールの子犬

生後8週を迎えた子犬たちは母犬の元を離れて、パピーレイザーのボランティア家庭へと送り出されます。通常は、子犬を引き取る家族が一同に介してちょっとしたセレモニーと共に子犬たちが預けられていきます。しかし大勢の人が集まることはウイルス感染のリスクがあるため避けなくてはいけません。そこでガイドドッグズオブアメリカは同団体のパーキングエリアにおいてドライブスルー方式を採ることにしました。

マスクと手袋を着けた団体の職員の方が、自動車の窓からボランティアの人に子犬を渡します。子犬を受け取った家族の皆さんもマスクをしているのですが、それでも全員が笑顔になっているのがはっきりと伝わって来ます。

こちらは地元ローカルニュースで紹介された子犬引き取りの様子です。

子犬たちのトレーニングも一工夫

ハイタッチをするラブラドールの子犬

子犬を引き受けたボランティアの人々は、適切なトレーニングのために定期的にグループトレーニングのクラスに出席することになっています。しかしこれも今は無理ですので、同団体はオンラインクラスでのトレーニングを実行しています。

この時期はできるだけたくさんの人や犬と触れ合う社会化が重要なのですが、それもパンデミックの影響下では難しいので、代わりの策がオンライントレーニングを通じて授けられます。何より大切なのは、子犬たちが愛情を受けて幸せであると感じ適切なトレーニングを受けることです。家庭犬の子犬を育てている方にも通じることですね。

子犬たちは生後16ヶ月になると、団体の施設に戻り盲導犬になるための本格的な訓練が始まります。ボランティアの人々にとって1年以上を一緒に暮らした子犬との別れは辛いものですが、多くの人が辛さと同じくらいのやり甲斐と満足を感じると述べています。

まとめ

盲導犬として働くゴールデンレトリーバー

アメリカの盲導犬育成団体が新型コロナウイルス禍の中で、子犬をボランティア家庭に引き渡したり、トレーニングクラスの方法などに工夫を凝らしているという話題をご紹介しました。
パンデミックに影響されたという話題は、どうしても気が滅入りがちなものが多くなってしまいますが、中にはこんな風に思わず笑顔になるようなものもあってホッとしますね。

《参考URL》
https://www.nbclosangeles.com/news/local/puppies-guide-dogs-gda-california-coronavirus-covid-19-volunteers/2357330/
https://www.guidedogsofamerica.org

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。