おびえと自己防衛しか知らなかった…攻撃的な野良犬が1日で大変身!

おびえと自己防衛しか知らなかった…攻撃的な野良犬が1日で大変身!

人に攻撃的に吠え掛かっていた犬を保護。愛情を受けずに育った犬は、恐怖と自己防衛しか知らなかったのです。愛情を知った瞬間に、犬は急激に変化し、さらに驚きの展開が続きました。

お気に入り登録

吠えて、吠えて、うなって、吠えて、牙をむく

通報・発見

自宅玄関前に攻撃的な犬が立ちはだかっていて家に入れないと、助けを求める通報を受け、保護団体Takis Shelter のタキスさんが出向きました。

なるほど、大柄な犬が、一生懸命ずっと吠えています。

接近・保護

タキスさんには、この犬がただ怯えているだけなのだとひと目でわかりました。

ゆっくりと、やさしく手を伸ばしていくと、少し静かになりました。でも油断は禁物。

大丈夫と思った次の瞬間にはこれですもの。

つまりこの犬は、おびえと自己防衛しか知らないのです。彼女はこれまでに、それしか経験していないのです。楽しい、嬉しい、喜び、そういったポジティブな体験をしてこなかった結果です。

犬が悪いのではなく、劣悪な環境と、劣悪な環境を作った人の責任です。

そして、重要なのは、ポジティブな体験は、これからでもたくさん、させてあげることができるということ。
リードをかけることはできましたが、頭をなでると、目に見えて震えています。

車中でも、まだうなってます。瞳が攻撃的です。

タキスさん、用心はしていたけれど、ちょっと咬まれちゃった。彼にとってそれは、イテ、咬まれちゃった、という、それだけのこと。それで犬をたたくなんていうことは、絶対にしない人です。

「信用してるって、彼女にわかってもらうんだ」と言います。

変身

そして翌日。

彼女は「フェイス」と名付けられました。「信頼」という意味です。

フェイスは後足で立ち上がって、しゃがんだタキスさんの肩に前足を置いて。確かに、「嬉しい、楽しい、大好き。」と言っています。たった1日で大変身です!

話はそれで終わりませんでした。実は、フェイスは妊娠していたのです。1週間後、4匹の子犬が産まれました。

話はまだあるんです。タキスさんが海岸に捨てられた2匹の子犬を発見して連れ帰ると、フェイスは自分の子として2匹を受け入れ、授乳などの世話をし始めたのです。白い2匹がその子です。

その後

フェイスと子犬たちは、Takis Shelterで元気に暮らしながら、里親さんとの出会いを待っています。攻撃的に身を守ることしか知らなかったフェイスは、保護されて、1日にして満ち足りた家庭犬になりました。その驚くべき変化を、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。