耳先と尻尾を切られ、やせ衰えた犬をレスキュー。トラウマを乗り越えて…

耳先と尻尾を切られ、やせ衰えた犬をレスキュー。トラウマを乗り越えて…

オリーブ畑の所有者に追い払われた犬を保護すると、落ち着きをなくして唸り声を上げ続け、牙をむき出し噛みつこうとする、非常に不安定な精神状態でした。犬が心の安定を得るまでの軌跡。

お気に入り登録

興味深い犬の心理

通報・発見

ギリシャのクレタ島で、オリーブ畑の所有者が犬を追い払っているのを見かけた女性が、地元の保護団体Takis Shelterに連絡しました。

団体創設者のタキスさんが来てみると、やせ衰え、耳の先がちぎれた犬が、通報者の女性のそばに立っていました。女性は犬をなでています。タキスさんも、頭をなでました。おびえてはいますが、大人しくしています。

耳の先が両方ちぎれたようになっており、さらに尻尾は根元近くから切断されていました。尻尾の切断面はすでに治癒していて、痛みはない様子。

誰が何のためにしたことかは、知る由もありません。

大人しかった犬は、すっと2人から離れると、今度はつぶやくような、「アウアウアウ」といった連奥的な唸り声を上げ始め、牙もむきました。恐怖心がぶり返してきたのでしょうか。もしかしたら、男性に虐待され、人間の男性が恐いのかもしれません。

恐怖心が溶けてなくなるまで

「シンバ」と名付けた犬は、保護した後も瞳をランランと光らせ、「アウアウアウ」を続けて、タキスさんの手を噛もうとします。

タキスさんはシンバに言い聞かせます。「いいかい、君と僕は、友達になるんだよ。」

この噛もうとする瞬間の犬の顔!それでも忍耐強く繰り返します。

「友達になるんだ。」

タキス「君は、僕を好きになるよ。」
シンバ「そう、なの?」

言葉は理解しなくても、表情や動き、信念のこもった声は、きっと犬にタキスさんの気持ちを伝えられるのでしょう。

翌朝でしょうか。シンバは遠慮がちにタキスさんに向かって歩いてきました。

「グッドモーニング、シンバ。」シンバは大きなあくびで答えます。

犬はいったん人を心から信頼すると、すっかり変わりますね。

このうっとりした表情。でもタキスさんの親指の付け根には、シンバに噛まれた跡が。やっぱり、一度はやられちゃったんですね…。

その後

この後は、タキスさんにベッタリになったシンバのキュートな姿が見られます。是非、動画をどうぞ!

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:TakisShelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。