灼熱のアスファルトから起き上がれない…砂漠に捨てられた犬の保護

灼熱のアスファルトから起き上がれない…砂漠に捨てられた犬の保護

多くの大型トラックが立ち寄る給油所付近で、危うくひかれそうになっている小さな犬を保護。大きな怪我や病気はないものの、萎縮した犬を、人と犬たちが癒します。

お気に入り登録

アスファルトに転がって固まる犬

通報・発見

砂漠地帯を通りがかった人が犬を見かけ、捕獲を試みましたが失敗。保護団体 HOPE FOR PAWS に依頼を寄せました。

HOPE FOR PAWSは5時間探し回り、やっと道路脇に転がったまま動かない「ニリ」を発見しました。給油施設のそばで、大型トラックが次々に入ってくるような場所です。

保護

炎天下の灼けるようなコンクリートに寝転がってしまっており、呼吸も速いようです。素手で触られるにまかせるニルを抱えて、車に戻ります。

ケア

すぐに近くの病院へ運んで検査し、痛み止め、抗生物質と輸液を施しました。

幸い、目立った外傷はなかったようです。舌を噛んだ出血と、呼吸の乱れがありました。

砂漠地帯に捨てられ、少なくとも10日以上をひとりで過ごしたようです。

小さなニリは疲れ切って、診察台でユラユラ、コテッと眠り込んでしまいました。

1週間後

ニリを発見して保護依頼をした2人が、そのままニルを引き取ることになりました!

保護団体が1週間後にニリに会いに行ってみると、元気な様子でひざに抱かれますが、まだおどおどした態度が抜けきらないとのこと。

おまけ

同居の犬たちも、ニリの回復を応援しますが…中にとても独特な応援の仕方の子がいるようですね…ニリと仲間たちの動画をどうぞ!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。