食べ物につられない孤高の野良犬の保護。緊張がほぐれると…

食べ物につられない孤高の野良犬の保護。緊張がほぐれると…

ひと月以上キリスト教会の周囲をうろついている犬を保護。犬の興味をひくのに、普通は食べ物が効果的ですが、この小さい白い犬は「信用しない人からはもらわない」姿勢です。でも、いったん信用したら嬉しそうにパクッと食べました。

お気に入り登録

知らない人から食べ物をもらわないよ

通報・発見

ロスアンジェルスの保護団体 HOPE FOR PAWS に、1ヵ月以上外をうろついている犬の通報が入りました。

現場はキリスト教会の敷地内です。

保護

食べ物を与えても見向きもせず、むしろ避けて歩きます。

食べ物を手にもって差し出しても、「お前に食べ物をもらう筋合いはない!」とでも言うように、小さな体で仁王立ちです。

「この人は危険でない」と、ようやく受け入れ大人しくなりました。リードを首にかけて、少しずつ距離を縮めます。

安心した途端に、食欲も戻ったようです。もういちど差し出された食べ物をパクッと口に含み、大きく口を開けて嬉しそうに飲み込みます。あーん!

この1ヵ月半ほど、きっと不安にさいなまれ緊張の連続だったのでしょう。

車で撫でられると、目を閉じてやさしい手の感触を味わっているようです。

その後

病院でシャワーを浴び、「キウィ」は一時預かり施設で里親さんとの出会いを待つことになりました。

キウィの「食べ物につられない」様子や、保護後に嬉しくて懸命にジャンプを繰り返す様子を、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。