その犬は何年間も鎖につながれ、飢えや感染症に耐え孤独に生きてきた

その犬は何年間も鎖につながれ、飢えや感染症に耐え孤独に生きてきた

保護された推定4歳ほどの犬は、もしかしたら子犬の頃からずっと、鎖につながれ、飢えや孤独に耐えて生きながらえてきたのかもしれません。犬の生活には、十分な食料、衛生的な環境、人や犬との適切な交流、チャレンジする楽しみなどが必要です。

お気に入り登録

鎖と飢え、汚染、孤独に耐えて

発見・救出

「ジャンゴ」の保護を敢行した日、ジャンゴはセメントで作った小屋の中で重い鎖につながれ、やせ細り、感染症をわずらい、自分の糞尿にまみれ、飢えていました。

それでも人を恐れることなく、訪れた保護団体Takis Shelter のメンバーをやさしい瞳で見つめます。

ドッグフードを与えようとすると、飢えていたジャンゴは待ちきれずに袋に頭を突っ込みました。

ジャンゴを外に連れ出し、鎖をはずします。いったいどれだけ長い間、この鎖につながれていたのでしょう。

ケア

病院で改めて体の状態を確認すると、所々脱毛し、皮膚の炎症が見られます。腰骨や背骨も浮き出ています。リーシュマニア症、エールリヒア症といった感染症であると診断されました。

ジャンゴは、尻尾を足の間にピタッと巻き込んで、血液採取などに耐えています。

よく頑張ったごほうびに、たくさん食べてね。

経過

そして3ヵ月後。治療を続け、しっかり食べ、遊び、ジャンゴは回復しました。

仲間の犬たちにとても好かれている様子。ジャンゴのまわりに集まってきています。

目の上の「タン」と呼ばれる斑紋が、キリッと白く浮かび上がっていますね。

3ヵ月前は顔の毛もバサバサで、色のコントラストがあいまいでした。背中もきれいです。

その後

鎖につながれ、孤独の中に放置されていたジャンゴは、やっと犬らしい生活を送れるようになり、そして里親さんとの巡り合いを待っています。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。