新発見!モッテコイ遊びができるオオカミの仔と犬の家畜化の関連

新発見!モッテコイ遊びができるオオカミの仔と犬の家畜化の関連

オオカミにはできないと思われていたモッテコイ遊びをしてみせた仔オオカミがいたことで、犬の家畜化について興味深い考察がされています。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

犬の行動を研究するためにオオカミを観察

伏せるオオカミの仔

犬とオオカミの行動を比較する研究は、世界各国の様々な科学者によって行われています。同じ祖先を持ち、オオカミは野生のまま、犬は家畜化された生き物ですので、行動の似ている点や違う点を比較することで、犬の行動がどこから来ているのかを知る手掛かりとなり、それが犬の福祉にもつながります。

ここでご紹介するのは、スウェーデンのストックホルム大学の動物学者による研究です。研究チームは、家畜化が犬の行動に与える影響を調査するためオオカミと犬の仔を飼育し、行動を評価するために設計されたテストを使って、3組の同腹の仔オオカミの行動を査定しました。

研究者を驚かせたオオカミの仔の「モッテコイ」

ボールで遊ぶウルフハウンドの子犬

テストに参加したのは、それぞれに母親の違う3組の同腹のオオカミの仔13匹でした。

一連のテストには実験者がボールを投げて、それを持ってくるように声をかけるモッテコイ遊びが含まれていました。犬と暮らしている方なら分かるように、多くの子犬は特に訓練をしなくても投げられたボールに興味を示します。ボールを投げた人間が手を叩いたり、高い声で「持って来て!」と声をかけたりすると、もう一回投げてもらうためにボールを咥えて持ってくる子犬も少なくありません。

これは投げられたボールを取りに行くという遊びを続けるためには次にどうすれば良いのかを、犬が人間によって与えられた合図から理解したことを示します。

このような人間との社会的コミュニケーションを理解する認知能力は家畜化された犬においてのみ発生したという仮説が立てられています。

ところが、今回のリサーチのためのテスト中に3匹の8週齢のオオカミが自発的にボールに興味を示し、実験者が合図を出すと咥えて持って来て人間に渡しました。オオカミと実験者はこのときが初対面でした。

3組のオオカミたちのうち、最初にテストした2匹の母親から生まれた組のオオカミたちはボールを持ってくる以前に、ボールにほとんど興味を示さなかったと言います。それは研究者たちの予想していた通りでした。3組目のオオカミたちのうち3匹が上記のように「モッテコイ」を完全に実行できたことは研究者たちにとって大きな驚きで、見た瞬間に鳥肌が立ったと述べています。

「モッテコイ」ができるオオカミの存在が意味すること

ボールをくわえたヴィズラ

モッテコイのような人間との社会的コミュニケーションのための認知能力は、家畜化された犬にのみ発生していると仮定していたのに、それが目の前で覆されたというわけです。

研究者はこのことについて、飼いならしの初期段階で人間と社会的コミュニケーションを取ることができるオオカミが人間によって選択され、家畜化の過程でさらに選択繁殖されていった可能性を指摘しています。

確かに人間とコミュニケーションできる少数のオオカミを選んで飼いならしていったという説は理に適っています。研究者はさらに犬とオオカミの行動の違いと類似性を調査するために、オオカミと犬を今後3年間、同じ条件で飼育してデータを収集していくそうです。

まとめ

男性に抱かれたオオカミの仔

オオカミと犬の行動を比較研究している動物学者が、犬にしかできないと思われていたボールをレトリーブするモッテコイ遊びができるオオカミがいることを発見したという調査結果をご紹介しました。

犬がどのように人間と暮らし家畜化されていったのかはたくさんの研究が行われていますが、まだまだ未知の部分も多いそうです。それだけに現代のオオカミの中に犬とよく似た行動をする個体がいるというのは興味深くロマンも感じられますね。今後のさらなる研究結果の発表が楽しみです。

《参考URL》
https://www.cell.com/iscience/fulltext/S2589-0042(19)30557-7?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS2589004219305577%3Fshowall%3Dtrue

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。