涙腺崩壊注意。たくましい体と繊細な心を持つピットブルを保護。

涙腺崩壊注意。たくましい体と繊細な心を持つピットブルを保護。

犬が単独で生きて行くことは困難な、乾燥した平原に遺棄されたピットブルを保護。繊細な彼女が何よりも求めたのは、人との触れ合いでした。

お気に入り登録

普通の犬の女の子

通報・発見

人里離れた場所にポツンと捨てられた犬の保護依頼。保護団体HOPE FOR PAWS は、荒涼とした風景の中に、その犬を発見しました。

筋肉隆々の、イメージ通りのピットブルです。

フェンスの向こうは立入り禁止の「政府の管理地」。米軍施設かもしれません。犬がうまく、こちら側に出て来てくれるとよいのですが。

食べ物につられて、こちら側に来てくれました。よかった!

たくましいからだつきの、女の子です。まだ少し逃げ腰です。尻尾はきりっと足の間に巻き込まれています。

筋骨隆々とは、このことですね。このからだも、闘犬というゲームのためなどに、私たち人間が作り出したものですよね。強そうなこの子も、犬の心理としては、小型犬とそんなに変わらないでしょう。不安な表情を見せています。

このひらけた場所で追いかけるのは困難。ケージトラップをしかけることにしました。

車が走り去ると、食べ物を追ってケージに入りました。それを確認して、車が戻ってきます。この数分間は、犬にとって絶望的におそろしい時間でしょうね。ごめんね。

広々した平原から別の場所に移動し、そこで「バニー」をケージから出しました。バニー、恐る恐る…。

このとき、バニーが最初にしたかったこと、それは、差し出された水を飲むより何より、手を差し伸べてくれた人に寄り添って、ひざに頭を乗せること。

尻尾が壁にあたって、パタパタいっています。涙腺崩壊まで、およそ0秒。

その後

バニーは犬の保護・訓練施設SevaDogが引き取ってくれました。この団体のホームページで確認すると、現在は里親募集中の犬たちの中にバニーはいません。きっと素晴らしい出会いがあったのでしょう!

もし、ピットブルなどこわもての犬が理由なく「怖い」と感じる方がいらしたら、どうぞバニーを思い出してください。犬を友好的にするのも、攻撃的にするのも、人なのです。

たくましい体と繊細な心をもったごく普通の犬、バニーを、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。