吠えて威嚇して脱兎のごとく逃げ去る小型犬をレスキュー!

吠えて威嚇して脱兎のごとく逃げ去る小型犬をレスキュー!

医療廃棄物処理企業に隣接する側溝に住み着いた犬の保護は、初日は失敗し、2日目に保護できました。おびえた表情がみるみる穏やかになっていきます。

お気に入り登録

ほこりっぽい側溝に隠れて

通報・発見

医療廃棄物処理企業に隣接する側溝に住み着いた犬を保護するため、HOPE FOR PAWS が現場に入ります。

側溝の中は植物の根とクモの巣が広がり、ほこりがひどいようです。犬のひたいにもクモの巣がはりついています。

緊張した犬は噛みつく勢いで吠えかかります。

吠えるだけ吠えると、パッと、きびすを返して逃げていきました。初日は保護失敗です。

2日目。保護メンバー2人で協力して行き止まりに犬を追いこみます。

リーダーが行き止まりにたどり着いた時にはすでに、もう1人のメンバーが犬の首に布のひもをかけていました。

その場に座って食べ物を与えたり撫でたりしていると、犬も徐々にリラックスしてきました。

病院で「アンジェロ」の体を洗います。

そして人との交流を練習します。

その後

一時預かり家庭で、他の保護犬たちと一緒に生活しながら里親さんとの縁を待ちます。ご縁がきっと見つかると、見つかったと信じたい!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。