飼い主が死んで保健所に収容されたジャックラッセルテリアの声

飼い主が死んで保健所に収容されたジャックラッセルテリアの声

高齢の飼い主さん死亡で、取り残された愛犬が遺族によってセンター(保健所)に持込されるケースが増えています。

お気に入り登録

センター持ち込みされた犬

持ち込み

高齢の飼い主さんが他界してしまったジャックラッセルテリアのテルモは、「面倒見切れない!」と遺族によってセンター持込されました。

そこはブランド犬でも、高齢の場合や身体に問題がある場合は、譲渡対象にはならないセンターでした。

ジャックラッセルテリアのテルモ

テルモからのメッセージ

テルモ
初めまして。僕はジャックラッセルテリアの「テルモ」12歳です。
高齢の飼い主さんが死んでしまい、お子さんに「お世話ができない!」と地元のセンター(保健所)に連れて来られました。

最後に僕の大好物だったフィッシュバーガーを食べさせてやってくれと、僕と一緒に職員さんに渡してくれましたが、僕はそのままセンターに置いて行かれてしまいました。

テルモ
飼い主さんは僕に去勢だけはしてくれましたが、その後は僕に何があっても、動物病院に連れて行ってくれませんでした。

白内障で目が見えなくなりました。フィラリアも陽性になりました。さらに憎帽弁閉鎖不全症です。
テルモ
僕はまだまだ元気で食欲旺盛です。まだまだ生きたいです!

でも僕が12歳という高齢で眼が見えていなかったため、センターでは譲渡対象にはしてもらえませんでした。

歩き方も変だと言われました。足は悪くないのですが、長年フローリングの上で生活したせいで歩き方がおかしくなったのです。
テルモ
センターの職員さんは、僕がジャックラッセルテリアというブランド犬で人懐っこかったため、殺すのはかわいそうだからと最後のチャンスをくれました。地元の愛護団体に相談してくれたのです!

断られた場合には殺処分されることが決定していましたが、彼らはすぐに僕をセンターから引き出して病院に連れて行ってくれました。

僕は今、フィラリアの治療と心不全を防ぐお薬を飲んでいます。費用はそんなにかかりません。毎月数千円くらいだと思います。 
テルモ
今は団体の代表のお家で過ごしています。

でも、ここにはたくさんの犬や猫たちがいて、僕だけを相手にはしてもらえません。僕は僕だけを相手にしてくれる人を探しています。あと何年残されているかわかりませんが、僕を心から愛してくれる人を僕は探したいと思います。
テルモ
こんな僕ですが、どうぞよろしくお願いします!

愛する家族になってくれる人を探しているジャックラッセルテリアのテルモより

最後に

住み慣れた家を突然追い出され、命を終わりにされるかもしれないセンターに遺族によって放り込まれ、訳も分からず無機質な冷たいコンクリートの上で過ごさなければならない不安は想像にあまりあります。

いつも思うのは、どうして親の忘れ形見をそんな風に扱えるのか、どうして里親探しをする努力を一切せず、殺されるかもしれないセンターに持込できるのか、ということです...まったく理解不能です。

※本記事に掲載している写真や動画は、全てライター自身の制作物です。


はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家の11歳になる黒柴犬も運悪く10才で緑内障になりました。
    両目が見えませんが、お散歩も道に慣れれば元気に行くことが出来ます。
    人の様に自身で歩くのではなく飼い主さんのリードが頼りになるので安心です。
    うちの黒柴犬は緑内障なので痛みが伴うため目薬とお薬など高額になりますが、それでも家族でお金を出し合いお世話してます。
    白内障は同じく目が見えなくとも痛みが無いので目薬代もそうは、かからないと思いますし、目が悪くなると人を頼りにし、以前より甘えてきます。なので前より一層可愛くて仕方がありません。
    体が悪くなると、人もそうですが、頼りにしてくれて、甘えてくれるのですから、本当に一生懸命愛情を注ぐ甲斐もあります。
    あと何年かの命だと思うと尚更です。
    うちは、ほかに9才のチワポメも居ますので3頭目はさすがに無理ですが、心から優しい飼い主さんに出会えて残り少ない年月を幸せに暮らしてもらえる事をお祈りしてます。
    老犬や、体の悪いわんちゃんは、健康で若いわんちゃんとは違う、頼ってくれる、甘えてくれる可愛さが有りますし、どうか、そういうわんちゃんや、そうなってしまったわんちゃんをどうか、見捨てないであげてください。人しか頼るものが無いのです。どうか、どうか、お願いします
    m(_ _)m
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    子犬の可愛さに負けて飼う前に、自分の年齢を考えて、最後まで愛情を掛けて育てることが出来るかを良く考えて家族として迎えて欲しいです。命を預かる事に、責任を持って欲しいです。全員動物大好き家族ですので、代々保護犬や猫と暮らしています。幸せを共用しています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。