風林火山な高齢犬をレスキュー!動かざること山のごとし。

風林火山な高齢犬をレスキュー!動かざること山のごとし。

兵法「風林火山」の教えを地で行くような路上生活の高齢犬を保護。まったく目覚めない、目覚めたら風のように走り、そして山のように動かない。高齢犬ならではの保護の様子です。

お気に入り登録

風のように、山のように

通報・発見

路上生活を送る高齢の犬の保護依頼で、保護団体HOPE FOR PAWS が現場に到着しました。

老犬らしく、おそらく触覚、嗅覚、聴覚すべてがおとろえているのでしょう。隠れ場所にそっと近づいて、眠り込んでいる犬の前足にワイヤをひっかけますが、目覚める気配もありません。

レスキュー動画の前半は、ずっと寝ています!

「動かざること山のごとし」!

ようやく目覚めた犬。困惑して、じりじりと後方へ逃げようとします。

やぶから引き出したところで、首に布のリードをかけようとした女性の腕の皮に、興奮した犬が歯を立ててしまいます。それでも女性は落ち着いてリードをかけます。

犬は懸命に逃げようとします。

「はやきこと風のごとく」!

少し走った後、犬は草の上に寝転び、動かなくなりました。

素手でなでられても、日陰に引きずられても、じっとしています。

「我が命運、尽きたり。」といった風情です。

物言わぬ「ドロシー」の瞳はいったい何を映す…。あ、保護団体のリーダーが映っていました。

20分後、十分リラックスはしているようですが、相変わらず「動かざること山のごとし」なドロシーを抱えて、車に乗せました。

少し噛まれた女性メンバーとドロシー、それぞれが病院に向かいます。

病院で基本的な処置を受けた後、ドロシーは数週間、人への信頼を獲得するトレーニングを受けて、一時預かり施設へと向かいました。

その後

数週間前に「風林火山」を地で行っていたドロシーは、明るい雰囲気を身にまとい「こんにちは~おやつください。」とあいさつにきてくれます。

海岸でも他の犬たちに臆することなく楽しそう。軽やかに変身したドロシーによい里親さんが見つかったことを願いつつ、動画で高齢犬のかわいさをご堪能ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。