純血種の犬は隠れた毛色の遺伝子を持っていることがある【研究結果】

純血種の犬は隠れた毛色の遺伝子を持っていることがある【研究結果】

純血種の犬の毛色や特徴は定められたスタンダードに沿っているのが前提ですが、そこに当てはまらない隠れた毛色や特徴の遺伝子があることが研究によって判ったそうです。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

遺伝子検査サービスで収集したデータを分析

犬と遺伝子のイラスト

純血種の犬には、各ケネルクラブなどが定めた犬種スタンダードがあり、体のサイズや身体的特徴、毛色などが「あるべき姿」として決められています。

しかし、アメリカのパーデュー大学獣医学部の新しい研究によると、犬種によってはスタンダードでは認められていない毛色や、身体的特徴の遺伝子が隠れて存在していることが示されました。

ごく稀にスタンダードから外れた毛色などを持つ子犬が生まれた場合、それは欠陥や手違いで雑種が生まれたということではなく、隠れた遺伝子が表に出た結果かもしれません。

近年は普通の飼い主が愛犬の遺伝子検査を行うことが一般的になってきており、莫大な数の犬の遺伝子データが蓄積されています。このたびの研究では、そのように商業ベースで集められた遺伝子データを匿名化して分析調査しました。

データは212犬種と4種の野生のイヌ科動物、計11,790匹分を7つの毛色の特性と5つの身体的特徴に関連する遺伝子についてのものです。

犬種スタンダードから外れた遺伝子が隠れていた!

並んで顔を出す大小2匹のロットワイラー

研究者は、それぞれの犬種に関してアメリカおよび国際的な犬種スタンダードを調べて、それぞれの犬種で「あるべき」とされている被毛の色と尻尾の長さを設定しました。

これらの犬種スタンダードと分析した12種類の遺伝子をつき合わせてみると、研究者も予期していなかった多くの情報が見つかったのだそうです。

前述のように、犬種スタンダードでは認められていない被毛の色の遺伝子を持つ犬が観察されました。ロットワイラーやジャーマンシェパードなどでは、チョコレートラブラドールのような毛色は認められていませんが、この毛色の遺伝子が低い頻度ながら観察されたということです。これらの遺伝子を持っていても、その毛色が表に出ないのは対立する遺伝子によって隠されているからだそうです。

毛色だけでなく、他の身体的特徴でも同じことが観察されました。オーストラリアンシェパードのように遺伝的に尻尾なしで生まれてくる犬種は18種類ありますが、そこに含まれない犬種でも、非常に低い頻度で尻尾のない遺伝子変異体を持っている例があることがわかりました。

その犬種のひとつはダックスフンドです。分析結果は、大変低い可能性ではあるけれど、尻尾なしで生まれてくるダックスフンドがいる可能性を示しています。

この研究の意味や目的とは?

ドッグショーのダックスフンドたち

研究者はこの研究について「犬種というものがどうあるべきか、またはどうあるべきではないかの判断を下すために行ったのではありません。単に犬種スタンダードに含まれない遺伝子変異体が自然に存在するという事実を示しているのです」と述べています。

その上で、ケネルクラブなどが定めるスタンダードについて「科学に基づいた対話を始めてほしいと思います」と述べ、犬種の定義において実際の遺伝的可能性と比較して取り組む必要性を示しています。

また、ある犬種においてこのような稀な遺伝子が観察されることは、地域的または犬の機能に関する選択育種の影響を明らかにできるということと、稀な遺伝子を共有する犬種間の歴史的なつながりを視覚化することができるという意味があります。

まとめ

プレイバウをするオーストラリアンシェパード

犬の遺伝子データを大規模に分析調査した結果、純血種の犬では犬種スタンダードで認められていない毛色や身体的特徴の遺伝子変異体を持つ犬がいることが分かったという研究をご紹介しました。

犬種スタンダードの在り方については、行きすぎた身体的特徴の追求から犬の健康を害している現実が指摘され、見直しされ続けています。
遺伝子に関する研究が進むにつれ「犬の自然な姿」の解釈も広くなっていくのかもしれませんね。

《参考URL》
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0223995

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。