強い絆で結ばれた犬の親子のレスキューで、メリー・クリスマス!

強い絆で結ばれた犬の親子のレスキューで、メリー・クリスマス!

父犬と子犬という珍しいコンビの路上生活。恐怖で固まる父犬の元に、無邪気な子犬が寄って行って、「大丈夫だよ、一緒に行こう」とうながしました。クリスマス前の出来事です。

お気に入り登録

子犬の無邪気さがレスキューを後押し

通報・発見

クリスマス直前のある夜、父犬とその子犬の保護依頼を受けた保護団体 HOPE FOR PAWS が現場に到着すると、奥まった一角に親子を発見しました。

以前は母犬もいましたが、交通事故死したと近所の人が教えてくれました。

路上生活の厳しさを知る父犬は、見知らぬ人間が近づいてくるのに恐れをなして、壁際で震えています。

保護

子犬は無邪気に出て来て、おやつをもらいます。

「おやつだ、わーい!」尻尾をブンブン振っています。

無邪気さは、子供の強みであり、弱みでもあり、ですね。

そして難なく、赤い布リードをおなかに巻くことができました。

子犬の「スピーディ」は、びっくりして2,3度ぴょんぴょん跳ねますが、すぐに落ち着き、大人しく抱かれます。

次に、震える父犬の保護に取り掛かります。

この時の、保護メンバーのやさしさにあふれた手の動きは、動画必見です。

「怖がらないで。大丈夫よ。」と心で呼びかけているのでしょう。

無事、赤いリードがかかりました。

メンバーを見つめる父犬の瞳は、恐怖から信頼へ移行する光を宿しているようです。

名前を「シルベスタ」とつけました。

ここで子犬のスピーディを連れてくると、シルベスタの前でコロンと寝転がり、まるで「お父ちゃん、大丈夫よ。一緒に行こう」と言っているようです。

子犬の肉球3つ、いただきました!

ケア

病院で、父子のべたべたでフェルト布のようにからまった体毛を刈り、シャワーできれいにします。

シルベスタはまだ緊張ぎみですが、それでもその視線は常に、無邪気に振舞うスピーディに向けられています。

よいお父さんなんですね。

向かって右がイクメンのシルベスタ、タオルにくるまれているのが無邪気なスピーディ。

すっかり見違えった姿に、「おや?息子?」「あれ、お父ちゃん?」

その後

シルベスタ・スピーディ親子は、一時預かり施設で里親さんとの出会いを待つことになりました。

シルベスタの緊張もすっかり解け、他の犬たちとも馴染んで楽しそう。父子にとって、最高のクリスマスプレゼントになりましたね!

親子一緒に引き取ってくれる里親さんが、一日も早く見つかりますように。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。