足先を失った野良犬は恐怖で牙をむき、それでも諦めない人の愛を知った

足先を失った野良犬は恐怖で牙をむき、それでも諦めない人の愛を知った

ひどい怪我を負った犬は、極度に人を警戒して確保が簡単ではありません。その後、犬は噛みつかれてもひるまなかった保護団体メンバーに無条件の愛情を表現するようになりました。

お気に入り登録

足先の骨が露出した状態で…

通報・発見

ひどい怪我を負った野良犬がいると保護依頼を受け、ロスアンジェルスの保護団体 HOPE FOR PAWS が早朝に現場へ。

通報者から聞いた場所で白犬を発見しました。米国旗柄の毛布が寝床のようです。

警戒して吠える犬に食べ物を投げながらゆっくり近づくと、後足の一部が欠損していることがわかりました。

食べ物には反応しますが、怖がって少しずつ茂みの中へ後退してしまいます。

人が動くと恐れて逃げるので、保護メンバーのロレータさんはその場に座り込んで気長にタイミングを計ることにしました。ここは焦りは禁物です。

45分が経過し、ついには手から直接食べ物を受け取るようになりました。

そして、そして…首筋をがっちりつかんだ!

危険な方法です。ロレータさんは何回か浅く噛まれたようですが、決して離しません。

後でカメラは、指に刻まれた一列の歯形を映します。痛たたた…。

悲鳴を上げ、噛みつき、もがきましたが、もう、だいじょうぶ。

名前は「ワシントン」になりました。

ケア

足の重傷にもかかわらず、病院へ向かう車中でワシントンはすでに陽気に振舞いました。

病院の診察台に寝かされても、尻尾を振っています!良いことが起こっていると、全身で喜んでいるようです。

頭のほわほわを残して、丸刈りにし、シャワーを浴びます。

足先を失っていますが、残りの足全体は温存できることになりました。

手術はスムーズに完了しました。

保護メンバーを見ると、嬉しくてたまらない気持ちを全身で表すワシントンです。

それから

退院したワシントンは、一時預かり施設で里親との出会いを待つことになりました。

他の保護犬たちに混ざって暮らす様子、そしてロレータさんとのきずなを、動画でご覧ください!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。