保護した犬にはマイクロチップが!喜び爆発の家族との再会に感動

保護した犬にはマイクロチップが!喜び爆発の家族との再会に感動

通報で、車の陰に身を隠すピットブルを発見。保護してみると、マイクロチップが埋め込まれていることがわかりました。登録情報から、すぐに飼い主が特定され…。

はてな
Pocket
お気に入り登録

車のカバーの下に隠れて少しだけうなる犬

通報・発見

自宅に停めた車の下に犬がいるとの通報で、保護団体 HOPE FOR PAWS が、車の陰に身をひそめるピットブルの保護に乗り出します。

カバーの奥に隠れて、少しうなっていますが、大人しい子のようです。

保護

塀と車の間のカバーの中という難しいスペースですが、うまく首に綱がかかりました。

ゆっくりと犬を引き出します。

大人しそうですが、油断は禁物。タオルで顔周辺をなでて反応を見ます。

鼻にしわを寄せたり、牙をむくこともなく、リラックスした様子です。

マイクロチップ

犬を保護すると、飼い主の連絡先などの情報を搭載したマイクロチップが体に埋め込まれているかどうか、マイクロチップスキャナで必ず確認します。

この犬の場合、チップが見つかりました!早速電話します。

登録された犬の名前は「ボーイ」でした。

飼い主によると、屋外パーティーを開いた際、あまり屋外に慣れていないボーイも外にいて、さらに花火が打ちあがり、驚いて逃げ出してしまったとのこと。

怖くてどうしてよいかわからなくて、身を潜めていたのですね…。

そして施設で引き渡しです。

ボーイはすでに気づいたようで、「早く、早く!」という表情で、飼い主の待つ部屋へ急ぎます。

キューンと鼻も鳴らしているようです。

尻尾をブンブン振って、ドアの開いている部屋へ一直線!

「あれ、誰もいない…。」

「そっちじゃないよ」と言われてしまいました。ボーイ、慌てすぎ!

再会

今度こそ、家族の待つ部屋へ。

ボーイの喜び爆発です!

動画を見ると、きっと笑顔になりますよ。よかったね、ボーイ。

もしあなたが犬や猫などを飼っているなら、マイクロチップを考慮してみてはいかがでしょうか。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    こういうのを見ると愛犬へのマイクロチップの必要性を感じます。
    日本では、飼い主さん自ら愛犬へマイクロチップを埋め込む人が、どれだけいるのだろう?っと思いますね。
  • 投稿者

    30代 女性 玄猫

    とても感動しました。
    こうして見ても、日本の動物愛護に関する法律が甘すぎ、ずさん過ぎる事を痛感します。マイクロチップは早く義務化するべきだし、去勢や避妊届けの書類も各自治体などを通して提出すべき。
    本当に大切に出来る人だけが飼えば良いのだから、多少面倒と思うくらいの義務化は当然だと思います。
    特に日本の法律は人間がいかに暮らし易いかを突き詰めたものばかり。
    共存が望めない世の中に平和などあり得ないと思います。
    それが例え犬や猫であってもね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。