気温40℃…乾燥した平野を数ヵ月さまよった犬を保護

気温40℃…乾燥した平野を数ヵ月さまよった犬を保護

気温が40℃前後になる乾燥した平野に1匹で放浪する白いシェパード系の犬。麻酔銃を使った大掛かりな保護になりました。

お気に入り登録

熱射の乾燥地帯で

通報・発見

アメリカの乾燥した平野で、数ヵ月にわたり白いシェパード系雑種犬が目撃されていました。

3人の女性たちが車で訪れては食べ物を与えてきましたが、保護はできませんでした。

気温が40℃前後まで上がる一帯で、このまま単独で生きて行くことはできません。

保護団体 HOPE FOR PAWS に保護依頼です。

暑くてのどが渇いているのでしょう。

泥水を出ては戻り、体を浸して水を飲んでいます。

乗用車やトラックが高速で走る道路の付近でもあり、危険です。

追跡・確保

だだっ広い場所で追い詰めることもできないため、やむを得ず、夕暮れが迫る中、麻酔銃を使うことになりました。

獣医師が万全の態勢を整えて、犬に麻酔弾を放った!犬は驚いて走り、その先で倒れてもがいています。

麻酔ってこのように効くんですね…。

移動病院になっている獣医師の車で「ヴィーナス」に応急処置を施し、宿泊するホテルに移動します。

ホテルの部屋で意識が戻ってくるヴィーナス。

HOPE FOR PAWS のリーダー、エルダッドさんが夜明け前から朝まで慰め、ヴィーナスはすっかり落ち着きました。

ケア

翌日、町の病院でシャワータイム。

顔面直撃シャワーやがっつりごしごしタオルドライなど、案外、大胆にやってます。

ドライヤーをかけると、真っ白ふわふわになりました。

それから

ヴィーナスは一時預かり施設に引き取られました。

砂漠のコヨーテのようにも見えたヴィーナスの捕獲劇と、飼い犬の表情を取り戻していく過程を動画でご覧ください。

ちなみに、現在は里親が見つかり、幸せに暮らしているようですよ。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。