虐待のせいで攻撃的だから殺処分…の犬を直前に保護!克服はほんの一瞬

虐待のせいで攻撃的だから殺処分…の犬を直前に保護!克服はほんの一瞬

殺処分寸前で保護団体が急きょ保護した小型犬は、恐怖に身を固め、攻撃的になった典型的な虐待経験の犬でした。かぎは忍耐強い愛情のシャワーです。

お気に入り登録

殺処分が決まっていた

発見・保護

3年もの間、虐待を受けた小型犬「チェイス」は、恐怖に身を固め、攻撃的になった典型的な犬でした。

このような犬はほとんど、収容施設で殺処分になってしまうのが現状です。

まさにその運命にあったチェイスですが、処分直前に保護団体 HOPE FOR PAWS に保護されました。

保護するエルダッドさんの手にすごい形相で噛みつこうとします。

しばらくすると、おずおずと前進してきました。

しきりに鼻を舐めるのは、ストレスを感じているからでしょうか。

ついに脇に抱えました。

エルダッドさんがヒーローに見えてしまう…。いや、彼はヒーローです。

Still Day 1(まだ、1日目)。

保護時とは別人(犬)のようですが、同じ日の様子なんです。

なんということはない、ごく普通の小型犬ですよね。

恐怖心さえなくせれば、犬は本来こうなのですね。

撫でられながら眠ってしまいました。

緊張の糸が切れたのでしょう。

保護2日目。愛情を示すチェイス。

最初の写真と比べてくださいよ…つい昨日ですよ。

チェイス、その後

動画は3日目のチェイスの様子に続きます。

後ろ足を痛めており、これから手術が必要であることも述べられます。

愛情のシャワーにより、攻撃性をほとんど一瞬で克服できた犬を、私たちの社会が殺処分に追い込んでいるのは、驚きと後悔を禁じえません。

多くの犬がチェイスの再生に続くために、私たちはどうしたらよいでしょう。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。