オオカミがいると通報されたボロボロの犬…本来の笑顔を取り戻せるか

オオカミがいると通報されたボロボロの犬…本来の笑顔を取り戻せるか

オオカミが道路を歩いているとの通報でかけつけると、犬種の判別がつかないボロボロの犬がうろついていました。大人しく従順で、保護はすんなり完了しますが…。

お気に入り登録

オオカミと思われたのは、ぼろぼろで遠慮がちな犬でした

通報・発見

ロスアンジェルスの町なかをオオカミが歩いているとの通報で、保護団体HopeforPawsが出動です。見つけたのはオオカミではなく、毛並みがぼろぼろでやせ衰えた犬でした。

攻撃性はまったくなく、ただ困惑しているといった様子です。

保護

ひもをかけるのも簡単でした。

緑色のちぎれたひもの一部が古い汚れた首輪にぶらさがっていたので、首輪ごと取り払いました。

名前は「ジュリア」に決定です。

ケア

皮膚病や感染症の治療のため、薬湯に入ります。どこまでも大人しいジュリアです。

最初の治療を終えたジュリア。カメラに遠慮がちな視線を向けます。

従順で扱いやすいですが、朗らかさが見られません。放浪するうちに快活さを失ったのか、過去に何かあったのか。

今となってはわかりません。

薬を塗った体をなめないように、エリザベスカラーをつけたジュリア。

耳を折った表情が柔和で、手のぬくもりが嬉しそうです。

徐々に陽気さを取り戻す

1週間後、ジュリアは一時預かりの家庭に移りました。

まだ痩せていますが、健康を取り戻すにつれて、少し陽気になったように見えます。ジュリアの本来の姿が見えてきましたね。

ジュリア自身が変化すると共に、ジュリアを取り巻く環境も変わっていきます。どんな変化が待ち受けているのか、動画をご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。