高速道路脇の茂みで孤独に暮らす犬。花子と名付けられた彼女のその後

高速道路脇の茂みで孤独に暮らす犬。花子と名付けられた彼女のその後

高速道路脇の茂みで孤独に暮らす犬を保護。暴れ犬を保護してみれば、ころりと態度が変わります。これには特別な思いで今回の活動に従事した保護団体メンバーも大笑いで愛しさ倍増でした。

お気に入り登録

警戒心の強い暴れ犬が豹変

通報・発見

高速道路脇にいる犬を保護して欲しいとの通報で、ロサンゼルスの保護団体HOPEFORPAWSのエルダッドさんが出向きました。

初日は警戒する犬を見失ってしまいました。

保護

2日後、メンバーのロレータさんと入念に打ち合わせし、2回目のチャレンジへ。

犬の動きは予測不能でしたが、思わぬところから飛び出した犬を確保することができました。

エルダッドさんの素晴らしい動体視力と反応です!

一通り暴れまわると、犬は観念したように大人しくなり、差し出された食べ物を夢中で食べます。ずいぶん空腹だったのでしょう。

ロレータさんはこの犬を「花子」と名付けました。最近亡くなった彼女の飼い犬と同じ名前です。元々の由来は日本人のボランティアの提案だそう。意味を聞いて彼女も気に入ったとのことです。

車に乗り込む前に花子がちらりと視線を送った先は、それまで居ついていた高速道路脇の斜面でしょうか。

驚きの変化

犬は「今を生きる」動物。食べ物があり、安心できる人とわかると、エルダッドさんも思わず「うそだろ!」とつぶやくほどの豹変ぶりで車にすんなり乗り込みます。

さきほどの暴れっぷりがうそのように、もうすっかり飼い犬です。

ロレータさんも笑いが止まりません。

発見

花子にスキャナを当てると、マイクロチップが埋め込まれているのがわかりました。

しかし、幸せな再会のストーリーには発展しませんでした。

連絡したマイクロチップの登録者が、あまり考えもなく赤の他人に犬を譲り渡していたのです。

それから今日まで何があったのかは、知る由もありません。

元飼い主は、花子を手放すと署名しました。花子はただただ、今この瞬間が嬉しくてたまらない様子です。

再出発

HOPEFORPAWSと連携して活動する保護団体が、花子の一時預かりとリハビリを引き受けてくれました!

それが花子の生きる道

2か月後、花子はいなくなりました。

逃げた?いえいえ、そうではありません。どうぞ安心して動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。