「猟犬として役に立たない」と脊椎を折られた犬。でも彼は諦めなかった

「猟犬として役に立たない」と脊椎を折られた犬。でも彼は諦めなかった

猟犬として役に立たないと、飼い主が犬を暴行し、脊椎を損傷。障がいを負った犬が保護され、治療と愛情によって回復していく様子です。

お気に入り登録

犬に対する許されない暴力

救出

床でもがいている「スコティ」は、立ち上がることができません。

猟犬として役に立たないからと、こともあろうに飼い主から暴力を受け、脊椎の一部が骨折してしまったのです。

保護団体LetsAdopt に保護され、病院に連れてこられました。

ケア

病院スタッフがスコティに手を差し伸べます。

CTスキャンをします。

完全に折れていますが、手術による改善の望みがあるといいます。

手術は無事に終わり、回復を待ちます。薬の影響か、安心したからか、とろんとした目つきのスコティ。

リハビリ

支えてもらいながら、スコティは懸命に歩きます。

そして少しずつ回復していきます。

外も歩けるようになりました。

その後

人による暴力で傷ついたスコティは、人の協力で少しずつ立ち直ります。スコティがどこまで回復するか、是非動画でご覧ください。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。