犬は同類である犬のガンも匂いで探知できるだろうか?という研究

犬は同類である犬のガンも匂いで探知できるだろうか?という研究

犬が人間のガンを匂いで探知できるというニュースはたくさん報じられています。では犬のガンも同じように嗅ぎ分けることができるだろうか?という研究が行われました。その内容をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

匂いでガンを探知する犬たち

犬の鼻のアップ

犬が人間の患者のサンプルの匂いを嗅いでガンを患っているかどうかを探知する能力は、実際に医療現場で活用され、世界中の多くのメディアでも取り上げられています。
患者にとって負担のない検査方法であるため今後も探知犬の育成が期待されているのですが、このガンを探知する能力は犬のガンに対しても有効なのだろうか?という研究が行われています。
アメリカのノースカロライナ州立大学獣医学部の研究チームが行なっているこの研究についてご紹介します。

探知犬は犬のガンも嗅ぎ分けることができるだろうか?

探知作業中の犬

この研究チームでは、元々他の研究のためにいくつかの化学物質を嗅ぎ分ける訓練を受けた犬たち4匹を用いました。 この犬たちがをガンの犬の尿とガンではない犬の尿を嗅ぎ分けるように訓練されました。このような研究は犬のガンの早期発見に役立つばかりではなく、人間のガンの研究にも役立ちます。
探知犬が特定の種類のガンを確実に検出できるようになれば、犬が何を基にしてガンを嗅ぎ分けているのかを探ることができ、それが臨床診断のためのバイオマーカー(身体の状態を客観的に測定し評価するための指標)の特定につながるであろうと考えられるからです。

犬のガン探知の対象となったのは、移行上皮癌という膀胱の悪性腫瘍でした。 膀胱のガンなので、尿サンプルにはガン細胞によって生成される指標となる物質があると考えられます。そこで犬たちに、移行上皮癌と診断された犬の尿サンプルと移行上皮癌を患っていない犬の尿サンプルとを嗅ぎ分ける訓練が開始されました。

犬たちはガンのサンプルを嗅いで選択した場合にトリーツの報酬を与えられて訓練されました。第1段階では、移行上皮癌はない尿サンプル1つと移行上皮癌の尿サンプル1つを用いて訓練され、4匹全てがクリアしました。
第2段階ではサンプル数を増やして、移行上皮癌ではない尿サンプル4つと移行上皮癌の尿サンプル1つを嗅ぎ分けることが求められました。これも全ての犬たちが迅速にマスターしました。

第3段階では、移行上皮癌ではない尿サンプル4つとも移行上皮癌の尿サンプル6つ、(いずれのサンプルも最初の段階から嗅ぎ分けてきた犬のサンプル)を嗅ぎ分けることが求められました。この段階をクリアした犬は1匹だけでした。

訓練はこれで終了し、第3段階をクリアした1匹だけが実験の最終段階に用いられました。最終段階では、ガンではないサンプルもガンのサンプルもどちらも今まで嗅いだことのない個体のものが使用されました。移行上皮癌ではない尿サンプル6つと移行上皮癌の尿サンプル2つをその犬が嗅ぎ分けることができるかを二重盲検試験という形で試しましたが、結果は偶然正解する以上の確率で移行上皮癌の尿サンプルを探し出すことはできませんでした。

犬のガン嗅ぎ分け探知の今後

犬とドクター

今回の研究は、犬が犬のガンを嗅ぎ分けられるかどうかを調べて発表した初めての論文だそうですが、成功したとは言えません。
そして今回の結果から、犬が特定の犬のガンの匂いを探知できるかどうか評価するためには、サンプルの保存方法や尿から発する他の匂いを探知していた可能性などについて検討する余地があることが分かりました。今回使用された尿サンプルには、赤血球や白血球、細菌が含まれていたサンプルもあり、そのような直接ガンによるものではない匂いを嗅ぎ分けていた可能性も考えられます。また研究者は、もしかしたら犬たちが嗅ぎ分けていたのはガンに由来する物質ではなく個々の犬を特定できる匂いを嗅ぎ分けていた可能性(犬の性別や食べているフード、発情周期の違いなど)もあると述べています。
犬のガンを犬が匂いで探知する研究にはまだまだ多くの課題がありますが、このような研究は獣医師や犬の飼い主だけではなく一般の人々、人間の医療従事者からもより注目されつつある研究です。
犬にも人間の患者にも負担のない方法でガンが早期発見され、治療方法が確立するよう祈る気持ちです。

まとめ

目を閉じて匂いを嗅ぐビーグル

犬が犬の膀胱ガンを尿のサンプルから嗅ぎ分けることができるだろうかというアメリカの大学の研究内容をご紹介しました。
今のところ、研究はまだ途上段階ですが犬が様々な匂いを検出して学習する能力は素晴らしいもので、これからも様々な分野での活躍が期待できることでしょう。

《参考URL》
https://www.dvm360.com/view/can-dogs-smell-canine-cancer

《参考URL》
Dorman DC, Foster ML, Fernhoff KE, Hess PR. Canine scent detection of canine cancer: a feasibility study. Vet Med (Auckl). 2017;8:69-76.

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。