いつも犬を背中におんぶしているおばあちゃん、その理由に涙する…

いつも犬を背中におんぶしているおばあちゃん、その理由に涙する…

四六時中、犬を背中におんぶしているおばあちゃんがいました。なぜ、彼女は犬を背負っているのでしょうか?その理由は驚くべきものでした。

お気に入り登録

犬をおんぶしたおばあちゃん

おんぶ

おばあさんは、犬を1日中、おんぶしています。

食事

犬は、食事の時だけ、おばあさんからおります。

でも、なかなかお皿までたどり着けません。

その犬は目が見えていなかったのです。

視力

以前は、ちゃんと見えていましたが、ポメの視力はだんだん失われて行きました。

それによって、あちこちにぶつかったり、からまったりします。

おばあちゃんは、ポメがかわいそうで仕方ありません。

危険

視力が失われてからは、ポメには全てが危険極まりない場所となりました。

そのため、おばあちゃんはポメを守るために、おんぶしているしかなくなったのです。

すべて

おばあちゃんは、ポメを動物病院に連れて行って診てもらうことにしました。

「ポメは私のすべてですから。ポメがいない人生なんて考えられません。」とおばあちゃんは泣きながら言いました。

病名

検査の結果、ポメは進行性の網膜萎縮症でした。

加齢によるもので、その進行は止められないと獣医師は言いました。

おばあちゃんはそれを聞いてがっかりしました。

最後に

おばあちゃんはこう言いました。

「私はこの子の目になる。私たちはお互いに助け合って生きていきます。」

すべての飼い主さんがそう思ってほしいです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。