「遠足」は保護施設の犬にポジティブな影響を与えるかというリサーチ

「遠足」は保護施設の犬にポジティブな影響を与えるかというリサーチ

施設に保護されている保護犬たちに、ちょっとした遠足や日帰り旅行の経験をさせることで殺処分減少につなげることができるだろうか?という調査が進行中です。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

保護施設の犬の行動を改善し、殺処分を減少させるための研究

ハイキングする犬と女の子

アメリカはテキサス州にあるオースティン・アニマル・センターというアメリカでも屈指の規模の保護施設がユニークなリサーチを行っています。

施設に保護されている犬に、ほんの数時間の「遠足」や「日帰り旅行」の経験を与えることで、犬たちの行動にポジティブな影響が出るだろうか?というもので、先ごろその中間報告が届けられました。

犬の行動が改善するということは、犬の福祉はもちろんのこと、保護施設の犬に新しい引き取り手が見つかりやすくなることにつながり、施設で働く人たちの負担も軽減します。譲渡率が上がれば殺処分の減少にもつながるため、このような研究はとても大切なものです。

預かりボランティアによる遠足プログラム

シェルターの犬舎の中の犬

調査チームがデータの収集のためのプログラム実施を依頼している施設のひとつルイヴィルのシェルターがプログラムを完了し、データが届けられました。

遠足プラグラムの対象となったのは、引き取り希望者が現れず長期間に渡ってシェルターで飼育されている犬たちです。犬たちの多くはストレスから来る問題行動のため、殺処分の候補になるリスクの高いグループに属します。

犬たちをシェルターから遠足に連れ出すのは遠足ボランティアとして登録している人たちです。1回につき3時間程度〜終日の外出が許可されています。

遠足に出かける前には、犬たちの行動についてシェルター職員が定型の項目で5段階評価を付けます。そして全く同じ項目で、遠足ボランティアも外出中の犬の行動を5段階評価します。

評価項目の内容は「リラックスしている」「震えが見られる」「人間に対して友好的だった」などです。

51例の遠足についての評価データが集められ、分析されました。

犬たちとシェルターにもたらされた変化

泥んこの犬と女性

遠足に出かける前と遠足中の犬の行動評価を比べると、21項目中15項目で良い方向に変化していました。

震え、吠え行動、絶え間ないジャンプや犬舎内のぐるぐる歩きなどの反復行動が減少しました。また、犬の行動はリラックスしながらもハッピーで、不安や恐怖は少なくなっていました。

退屈で変化に乏しいシェルターでの生活から、新しい世界に触れることでストレスが解消され、経験を通じて自信を得た結果だと言えるでしょう。

このルイヴィルのシェルターで遠足プログラムが開始されてから、1年も経たないうちに犬を遠足に連れ出すボランティアの数は3倍に増え、殺処分数は半分に減少しました。

70匹以上の犬が遠足に参加してから問題行動が無くなり、新しい家族のもとに引き取られました。

人間の方にも変化があった!

保護犬と触れ合う家族

遠足プラグラムのためのボランティア希望者は前述したように人数も増えたのですが、顔ぶれにも変化がありました。希望者のうち8割以上の人たちが、以前は保護シェルターに足を向けたことのない人々なのだそうです。

犬と触れ合ったり出かけたりしたいけれど、普通に犬を飼育したり従来の預かりボランティアのような長期間の世話は無理という人たちが多数を占めていたそうです。

このような短期間ボランティアというアイデアは、保護シェルターに来てくれる人の総数を増やし、職員の負担を減らすことにつながります。それは犬たちのケアの質の向上となり、譲渡率の増加という良い循環を作り出します。

またシェルターの犬たちが遠足という形で地域の人々の目に触れることで、保護犬への関心が高まり保護施設と地域のつながりが強くなることも指摘されています。

まとめ

笑顔の白い犬

保護施設で長期間飼育されてストレスの溜まっている犬たちを、ボランティアが遠足に連れ出すことで、問題行動の減少〜譲渡率の増加〜殺処分の減少という良循環が報告されたという嬉しいリサーチをご紹介しました。

このリサーチは今も進行中で、他の地域でも同様のプログラムが実行されています。アメリカでの話とは言え、犬が幸せになる実例は嬉しいものですね。

日本での犬の保護活動にも応用されると良いなあと思いますが、犬へのエンリッチメントの大切さが証明されている点で、一般の家庭犬にとっても参考になる内容かと思います。

犬に普段と違う体験をさせてあげることで、心と体への刺激が自信や幸せにつながることを忘れずにいたいと思います。

《参考》
http://chewonthis.maddiesfund.org/2018/05/study-can-foster-field-trips-improve-welfare-in-dogs/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。