犬の正しい叱り方!上手に叱る方法や注意点などを解説

犬の正しい叱り方!上手に叱る方法や注意点などを解説

犬と生活するうえで、避けて通れないのが「しつけ」ですが、しつけをするうえで最も悩ましい問題が「叱り方」です。「しつけ=叱る」ではありません。皆さんは、上手に愛犬を「叱る」ことができていますか?

犬の叱り方には注意が必要!

ソファを噛んでしまい叱られている犬

私たちは、犬がいけないことをしたときに叱って、それがいけないことだと教えようとします。
しかし、人間とは脳の構造が違う犬には、そもそも善悪という概念がありませんし、言葉で説明してもその意味を理解することはできません。

そのため、犬には「いけない行いをやめさせる」というよりは、「良い行いをさせる」というスタンスでしつけをすることが必要になります。

たとえば、子犬にトイレのしつけをする場合、粗相をしたことをいけないと叱るより、決まった場所で排泄することが良い行いであることを教え、それを習慣にしてしまえば、トイレ以外の場所で排泄することはなくなります。

また、無駄吠えに関しても、吠えることがいけないと叱るより、吠える必要がないことを教え、それを習慣にしてしまうといった具合です。

それならば「犬を叱る必要はないのか」と考える方もおられるでしょう。
しかし、ことはそう単純ではありません。

どんなに賢くても「一生の間に一度も叱られたことがない」という犬は、ほとんどと言ってよいほど、いないのではないでしょうか。

犬や人間に危険が及ぶような場合や、周囲の迷惑になるようなことをした場合には、その場で正しく叱って注意を促し、2度と同じ間違いを犯さないようにしつけることは大変重要なことです。

では、どのような叱り方が、正しい犬への叱り方だといえるのでしょうか。

犬を叱るときに、1番犯しやすい間違いは「叱る」のではなく「怒る」になってしまうことです。普段は優しい飼い主さんも、ついつい感情的になって怒ってしまっている場合も、きっとあることでしょう。

しかし、「叱る」と「怒る」とでは、大きく違います。「叱る」は、相手のために取る行動ですが、「怒る」は、自分の怒りの感情を発散させるための行動です。

叱るときは、左脳を使うため理性的に振る舞いますが、怒るときは、感情を司る右脳を使うため感情が全面に出ています。自分の感情を思いに任せてぶつけるだけでは、たとえ相手が人間であっても、本当に伝えたいことが伝わるはずがありません。

相手が言葉を理解しない犬なら、なおさらです。犬のいけない行動を改善するどころか、かえって逆効果になることさえあるのです。

犬の叱り方を間違ったときに考えられるリスク

叱られて落ち込んでいる犬

間違った叱り方をしてしまうと、犬には叱られていることが理解できうえに、嫌な思いと戸惑いをもたらすだけで終わってしまいます。そうなると、叱ったことが無駄になるだけでは済まずに、犬に様々な悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

犬のトラウマになる

飼い主さんが、つい感情的になってしまい怒っているときは、ただ怒りの感情をぶつけられているだけですので、犬にとっては苦痛でしかなく、そのときの非常に辛く嫌な感情だけが残ってしまいます。

楽天的な性格の犬の場合は、そのような経験をしても、忘れてしまうことも多いのでしょうが、神経質な犬の場合は、それが心の傷となり、残ってしまうことがあります。

犬は、人間が考えるよりずっと感受性が豊かな動物なのです。

悪いことを繰り返す

飼い主さんが冷静さを失い、感情的に振る舞っている様子を犬が勘違いしてしまう場合もあります。感情的に騒ぐ飼い主さんの姿を見て、自分に構ってくれていると思ってしまうのです。

その結果、また飼い主さんに構ってほしくて、いたずらを繰り返すことになります。犬が叱られている理由を理解していない場合にも、同じことを何度も繰り返してしまい、それが問題行動にまで発展してしまうこともあります。

犬を叱る時は、平常心で冷静に振る舞うことを心がけることが何より大切です。

飼い主さんを怖がる

飼い主さんがあまりに強く叱ってしまうと、犬が恐怖で怯えてしまうことがあります。何に対して叱られているのか、その理由も分からないまま、ただ飼い主さんの態度に恐怖を感じてしまい、それにより、お互いの信頼関係を崩してしまうことにもなりかねません。

また、飼い主さんを怖がっている場合は、恐怖のあまり一時的に悪いことをしなくなっても、叱られている理由を理解していませんので、後々同じことを繰り返してしまうことになります。

攻撃的になる

飼い主さんを怖がる気持ちが昂じてしまうと、本能的に自分を守ろうとして、犬が唸る、噛むなど、攻撃的な態度に出ることがあります。特に、体の小さい犬種には憶病な子が多いので、そのような態度を示すことが多いようです。

このような状態が長く続くと、人間を信頼できなくなり、噛み癖のある犬に育ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

犬の正しい叱り方

しつけのなされてる犬

「正しい叱り方」を調べてみると、「相手に、いかに自分の間違いに気付かせ、改善しようという気持ちにさせるか」との答えが見つかりました。

しかし、これは、叱る相手が人間の場合には有効でも、相手が犬の場合は、少し工夫をする必要がありそうです。

短く叱る

犬は、人間の言葉の意味を理解しているわけではありませんので、長々と言葉を並べて叱っても意味がありません。犬を叱るときは「だめ」「ノー」「いけない」などの短い言葉を、犬の唸り声のような低いトーンで、大きめの声で言うのがポイントです。

そうすることによって、飼い主さんが叱っていることを犬が理解しやすくなります。このとき、飼い主さんが立ったまま犬を見下ろして声をかけると、犬がプレッシャーを感じるのでより効果的です。

犬を叱るときの言葉は、家庭内で統一しておきましょう。人によってそれぞれ違う言葉で叱ってしまうと、犬が混乱してしまいますので。

無視をする

犬が叱られる原因のひとつに「いたずら」があります。いたずらするにも、退屈している、嫌がらせなど、色々な理由がありますが、多くの場合、飼い主さんに構ってもらいたいがために、いたずらをして気を引こうとしているようです。

この場合は、叱ってしまうと、犬が構ってもらえたと勘違いすることがありますので、無視をするという方法が効果的です。犬と目を合わせない、話しかけない、触らない、を徹底しますが、これには、家族全員の協力が必要です。

1人に無視されたとしても、他の人が構ってしまうと、効果がありません。犬は、飼い主さんのことをとてもよく見ていますので、その異変を敏感に感じ取り、甘えてみたりすり寄ってきたりして、ご機嫌を伺いにくるかもしれません。

しかし、その愛らしい態度に心を許してはいけません。無視をする時間の目安としては、15~30分くらいですが、その間は、どんなに犬が可哀想に思えても、心を鬼にして頑張りましょう。

そして、無視する時間が過ぎた後は、簡単な命令を出し、うまくできたら大袈裟にたくさん誉めてあげて、無視する時間を終了します。無視するのとは反対に、叱りすぎた後にも、簡単な命令に従わせて褒めるようにしましょう。

犬を叱るときは「叱られる=嫌な気持ち」で終わらせず、「褒められる=嬉しい気持ち」で終わらせる方が、犬の理解が深まりやすく効果的です。

体罰を与えない

犬のしつけにおいて、体罰は、悪影響を及ぼすことはあっても、効果をあげることはありません。

直接体に触れることがなくても、手を振り上げて脅してみせるなど、犬を怖がらせるような態度はとらないように気をつけましょう。犬に恐怖心を与え、飼い主さんに不信感を抱かせてしまうだけです。

また、首にショックを与えるなどのしつけ用グッズが色々と販売されていますが、一般の飼い主さんには扱いが難しいので、グッズを利用する場合は、専門のドッグトレーナーに相談してみることをおすすめします。

言うことを聞いたら褒める

犬も人間と同様、叱られてばかりいると、心が傷付き萎縮してしまいます。叱ってしまった後でも、犬が飼い主さんの指示に従い、上手にできた場合は、たくさん褒めてあげましょう。

このとき、できるだけ大袈裟に褒めてあげるのがポイントです。褒められて嫌な気持ちになる人がいないように、犬も大好きな飼い主さんに褒めてもらうと、とても嬉しいはずです。その嬉しい気持ちが、犬の学習のモチベーションとなるのです。

子供の教育は「褒めて伸ばす」といわれるように、犬をしつけるときにも褒めて伸ばす方が、効果も高いですし、飼い主さんとの信頼関係も良好に保つことができます。

また、褒められると、犬が、叱られた後の嫌な気持ちを切り換えることができ、飼い主さんとの仲直りにも繋がります。

犬を叱るときの注意点

叱られて落ち込んでいる犬

先述しましたが「叱る」と「怒る」はまったく違います。犬を叱るときには、まず、飼い主さんが、感情的にならずに冷静でいることが大前提です。そのうえで、犬にも分かるように適確に「叱る」ことが大切です。

そのためには、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

名前を呼んで叱らない

犬は、言葉の意味を理解することはできませんが、自身の体験と言葉を結び付けて理解しています。
そのため、犬の名前を呼びながら叱ると「名前を呼ばれた後には、嫌なことが待っている」と学習してしまう可能性があります。

褒める時やおやつの時間、お散歩など、犬が喜ぶ楽しいことや嬉しいことと結び付けて、名前を呼ぶようにしましょう。「名前を呼ばれる=嬉しいことが起きる」と学習させることで、呼び戻しなどのトレーニングにも役に立ちます。

叱り過ぎない

強く叱り過ぎる、しつこく叱り過ぎる、なども、犬を叱るときにしてはいけないことです。

あまりに強く叱り過ぎると、トラウマとなって心に残り、叱られている理由を理解することもできなくなってしまいますし、長時間しつこく叱られていると、犬は何に対して叱られているのか、しだいに分からなくなってしまいます。

犬を叱る時は、タイミングと強弱が大切です。気の小さい神経質な犬にあまりに強く叱り過ぎると、恐怖で萎縮してしまいますし、楽天的な犬は、優しい叱り方では、叱られていることを理解できません。

また、その場ですぐ叱られずに時間があいてから叱られると、叱られている理由を理解することができないので、叱るときは、機を逸することなく、短い言葉で端的に叱ることが大切です。

犬の体に触れない

犬を叱るときには、絶対に体に触れてはいけません。体罰はもちろんのこと、仰向けにして犬にマウンティングをする、マズルを掴む、などの行為も絶対にやめましょう。

かつては、犬と人間の上下関係を保つために、このような方法が有効であると考えられていましたが、現在では多種多様な研究が進み、これらのように身体的苦痛を伴う方法は推奨されていません。

身体的な苦痛を与えられると、犬に恐怖心や嫌悪感が残るだけで、問題を改善するどころか、かえって悪化させることが分かってきたからです。

犬や人間に危険が及ぶ緊急の場合や、周囲が迷惑するような場合を除いては、犬を叱るときに、体には極力触れないように注意しましょう。

まとめ

犬と人間が寝転んでる

犬が人間と共に暮らすには、最低限のルールを守らせることが必要です。そのためには、しつけをする必要がありますが、しつけをする際に、叱らなければならない状況になったときは、正しい方法で犬を叱ることが大切です。

間違った叱り方では、犬をしつけることができないうえに、犬に悪影響を及ぼしてしまうことがあることをしっかりと心に留めておきましょう。

犬に叱られていることを理解させ、飼い主さんとの信頼関係を崩さないためにも、叱った後は、簡単な指示に従わせ褒めてあげることを忘れないようにします。

いけないことをして叱られても、最後は飼い主さんに「褒められる=嬉しい気持ち」で終わらせてあげることで、犬の理解もより深まりますし、お互いの信頼関係を良好に保つことになります。

「叱る時は短く端的に、褒める時はできるだけ大袈裟に」このことを忘れずに、上手に犬に学習させましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい