垂れ耳の犬は外耳炎に注意! 

15913view

垂れ耳の犬は外耳炎に注意! 

日本の高温多湿環境では、特に垂れ耳の犬で外耳炎になることが多い傾向にあります。慢性化すると完治は難しく、耳道が腫れあがり耳がふさがることも。まずは原因を知って外耳炎にならないように気をつけ、対策についても勉強しておきましょう。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

外耳炎の原因

垂れ耳は通気性が悪い

耳が垂れていると、当然立ち耳の犬と比べて通気性は悪くなります。また、耳の中の毛が多すぎても通気性が悪くなるので、耳の中の毛があまりに多い時は、病院や美容室で抜いてもらってください。

ただし完全にすべて抜いてしまうと、ごみや虫が耳の奥まで侵入しやすくなるので、ほどほどに残しておきましょう。

気候が合わない

本来日本の気候は高温多湿です。日本犬はその気候に合うように体を適応させてきました。しかし昨今、外国産の犬が非常に多く飼育されています。

それらの外国産の犬によっては、涼しく乾燥した地域に体が適応しているものも多く、湿度が高いと外耳炎を起こす菌が繁殖しやすくなります。また、外耳炎だけではなく皮膚炎も起こすことがあります。

遺伝

全ての犬がそうではありませんが、外耳炎は遺伝することもあります。両親ともに外耳炎ではなくても、キャリア同士であれば子供に遺伝する可能性が高いです。

ケアが行き届いていない

垂れ耳の犬

実はあまり知られていませんが、耳掃除だけでは耳の中の汚れや雑菌を、取り除くことはできません。下手をしたら耳の奥に汚れを押し込んでしまうことになってしまいます。

耳の中に綿棒を入れさせてくれる大人しい犬であっても、定期的に病院や美容室で耳洗浄を行いましょう。あまりにも外耳炎がひどい場合は鼓膜に穴が開いている場合があります。

このような場合は耳に洗浄液を入れすぎると神経症状を起こすことがあります。しっかり診てもらいましょう。

外耳炎の症状

耳を掻く、頭を振る

耳の中に違和感があり、痒いのでやたらめったら耳や、耳の後ろを掻くようになります。また、違和感を取り去ろうとしてぶるぶると頭を振るようになります。

耳だれが出る

普段の汚れであれば、乾燥した黒っぽいカスのようなものが耳垢ですが、ドロドロとした膿のようなものが出るようになります。

異臭を放つ

耳を掻いた後、頭を振った後に異様な悪臭がします。耳の中の垢を餌にして雑菌がわいている状態です。

耳の表面が赤く腫れてくる

やたら掻いたり、振ったりするので耳の表面が赤く、また腫れてきます。耳を掻くことによって細かな傷が付き、そこから雑菌が侵入して二次感染を起こすこともあります。

外耳炎になってしまったら

定期的に耳の洗浄を


ギムボーン R-7Cイヤークリーナー L

外耳炎自体は珍しい病気ではないのですが、自宅でのケアが難しいせいか治りにくく、また再発しやすい病気です。定期的に耳の洗浄をしましょう。

耳の洗浄は病院や美容室でやってもらえます。しかし、どこの美容室でもやっているわけではありませんので、必ず確認してください。

また、耳を洗浄するにあたってイヤーローションでも構いませんが、耳の中の雑菌を減らし、脂っぽさを解消するために、イオウとサリチル酸の入ったシャンプー剤で洗浄するのが一番いいです。(以前はホスティーンという素晴らしいシャンプー剤がありましたが、現在は販売中止されています)

シャンプー剤

この二つの成分は耳の痒みも抑える効果があるので、外耳炎には非常に有効な手段です。ただし、耳の中をシャンプー剤で洗浄する時、すすぎ漏れがあると余計に悪化させてしまうので、必ず専門家にお願いしましょう。

通気性をよくする

耳の中の毛を抜いて通気性を良くするのも必要な手段です。浸透しやすいきれいな状態であれば、投薬してもきちんと効きます。

ただし、毛を抜く前には皮膚を清潔にしておくことをお忘れなく。不潔な状態で毛を抜いてしまうと、抜いた毛の毛穴からバイ菌が侵入することもあります。

投薬を忘れない

点耳薬を処方されたら、用法・用量を守って投薬しましょう。耳を触ると嫌がる、唸る、噛む等の暴挙に出られたら、専門家にお願いするのもいいでしょう。その場合手間はかかりますが、長期間犬が痒い、痛い思いをさせるのは忍びないことです。

梅雨時期から秋口まで、耳の悪い犬にとっては大変な時期なりますが、飼い主が少し気を使ってあげるだけで、快適に過ごせるようになります。愛犬のためにも、垂れ耳のわんちゃんを飼っている方は、必ず気をつけてあげてくださいね!

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 もこじ

    うちのチワワは垂れ耳です。外耳炎手前で病院に行き、洗浄してもらいました。病院に行く前に耳をよく掻くようになり、異臭がするようになりました。耳掃除は月1のトリミングでしてもらっていて、トリマーのお姉さんに耳の中が少し黄色いと言われました。すぐ病院に連れていったので、外耳炎になる前で良かったです。今も週一で洗浄しています。犬には苦しい思いさせたくないので、これからも気をつけようと思います。
  • 30代 女性 TIKI

    我が家のゴールデンレトリバーも垂れ耳なので、たまに耳を?いたり、頭を振って痒そうにすることがあります。普段はウェットティッシュで自宅で拭く程度のお手入れはしますが、いよいよ痒そうにしているときは獣医さんに診てもらいます。奥の方まで診てもらうと、汚れが取れていない場合もあるので、長い綿棒のようなものでじっくりと掃除してくれます。その後、液体の洗浄液のようなもので消毒してくれるので安心です。垂れ耳のワンコは外耳炎などになる前に早めにチェックしてもらうのがいいと思います。
  • 40代 女性 ERICORI

    一般的に、「垂れ耳の犬」といえばビーグル犬や、盲導犬としても有名なラブラドールレトリバー等を思い浮かべるかと思います。
    実際、我が家にいる老犬のラブラドールも、子犬のころから何回も「外耳炎」にかかってしまっています。特に梅雨の時期になると耳がジクジクしてくるのか、頭を振ってみたり
    壁に耳をこすりつけてみたり。その都度必ず動物病院に行き、耳洗浄をし、お薬を処方してもらうのですが、毎年のように「外耳炎」にかかってしまいます。耳の不具合からか壁に耳をこすりつけるので、老犬になった今は左右両方の耳たぶが硬くなってしまいました。
    獣医さんには、「まめな洗浄」と「投薬」が大事だと言われましたが、一番なのは「耳の風通りを良くすること」だそうです。しかし、垂れ耳である彼らの耳を上げたままにしておくのは至難の業ですね。
    我が家の愛犬も、耳を上げてヘアーバンドで止めてみたりしましたが、不愉快なのかすぐに振り落とされる始末でした。
    今ではすっかり耳も遠くなり、耳の不具合も気にならなくなったようなので、年齢が解決してくれたかのような病気、「外耳炎」です。
    垂れ耳さんにとってはもはや「職業病」のようなものでしょうか・・
  • 30代 女性 チョコ

    外耳炎にかかりやすい犬にもタイプがあります。垂れ耳であることはもちろんですが、耳道に毛がたくさん生えている犬種プードル、シーズー、キャバリアキングチャールズスパニエル、アメリカンコッカースパニエル、ミニチュアシュナウザーなど。耳道が狭窄している(狭い)犬種ブルドックやパグなどの鼻がペシャンコな短頭種などです。過剰な洗浄や綿棒の使用は耳のトラブルの原因となります。また外耳炎を繰り返す犬に多いのがアレルギーです。何のアレルギーと決まっているわけではなく色々考えられると思います。垂れ耳の犬の中にもアレルギーになりやすい犬種がいると思いますので外耳炎を患っているワンちゃんは注意ですね。アレルギー以外では耳の中にできる腫瘍も外耳炎などのトラブルの原因となるそうです。
  • 30代 女性 38moto

    我が家の愛犬シーズーとラサ・アプソも垂れ耳なので、年に何度か耳の問題を抱えています。自宅でもできるお耳のケアをと思ってイヤークリーナーとドライパウダーを購入してみたものの、なかなか難しいです。しっかり乾燥させようとしてパウダーを多めに入れてしまうと、それがダマになり炎症の元になってしまうこともあるそうです。
    下手に綿棒を入れてしまうと耳の内側や鼓膜まで傷つけてしまう恐れもあるので、内側のケアは獣医さんやトリマーさんにお任せするのが一番です。自宅でのケアは、常に耳を触り熱がないかを確認して、炎症があるようなら速攻で点耳薬を、湿っているようならこまめに拭き、耳を挟まないように両耳の毛を上にして少しの間クリップしています。耳の毛が短い垂れ耳の場合は、耳をアップできる犬用ベルトもあるのでそういったアイテムを活用してもいいかと思います。
  • 40代 女性 S46

    うちはパピヨンで垂れ耳ではないのですが、耳の飾り毛が長いので、外耳炎になってしまいました。最初は耳が汚れてきたな・・という程度で、普段通りにコットンで汚れを拭いたり、市販されている耳の洗浄薬を使用していました。

    ですが、梅雨時期に耳垢をとりのぞいても、再びつきやすくなり、耳垢の色が黄色から赤褐色になってきました。また、耳の臭いもきつくなります。その頃から、愛犬がしきりに頭を振ったり、耳を床にこすりつけたりするので、病院に連れて行ったところ、やはり外耳炎でした。

    雑菌が残っていると再発しやすいとのことで、病院で処方されたお薬を数日間続けて(その間は耳の毛が薬でベタベタになっていました)、再度、病院で雑菌がいないことを確認してからようやく完治・・という感じでした。炎症が耳の奥まで進むと中耳炎などにもなってしまうそうなので、それからは特に気を付けています。
  • 40代 女性 ぴいすけ

    たれ耳の犬と外耳炎とは、切っても切れない関係だと思います。蒸れたりするとすぐに外耳炎になってしまうので、常に気をつけてあげないといけないです。こじらせると治るまでに時間がかかってしまい、犬もかゆくてつらい思いをするので、早めに気づいてあげることが大事です。
    かかりつけの獣医さんいわく、家で綿棒などを使って耳掃除をするのは良くないそうです。強くこすりすぎて、目に見えない傷をつけてしまい、そこからバイキンが入ってしまうとのことです。
    耳掃除と耳の中の毛を抜くのはトリミングサロンにまかせて、耳に赤みがさしているときは、病院で外耳洗浄をしてもらったほうが良いです。
    普段のケアは、洗浄液を耳に入れて、もむだけ。あとは犬が自分でブルブルしますので、余分な液は飛んでいってしまいます。頻度は特に気にせず、犬が耳をかゆがったり、少し耳たぶが赤いかなと思ったときにしています。それで良くならなければ、即病院へ!獣医さんにしっかり洗浄、点薬してもらうだけで、予防できます。
  • 20代 女性 Dan

    うちの垂れ耳ワンコも外耳炎に定期的になってしまいます。納豆みたいなニオイがするのですぐにわかります。マラセチア菌が繁殖していると病院でいつも言われてしまいます。普段はトリミングサロンで月に1回耳掃除をしてもらっていますが、冬以外は自宅で2週間に1回洗浄液をしています。一度なってしまうとなかなか治らず、犬も痒そに床に耳をこすりつけたり、足で掻いたりでかわいそうです。掻き過ぎて耳に傷が出来てしまったこともありました。少々乱暴かもしれませんが、うちではジメッとした季節になると、柔らかい素材で出来たシュシュで両耳を頭の上で結わいてしまったりします。少しでも通気性が良くなるようになのですが、犬は困った顔をしているので迷惑なんでしょうね。
  • 女性 もじもじ

    そうなのです!垂れ耳の犬はよく外耳炎になるんですよね。うちの愛犬はフレンチブルドッグですが、この前耳を異常に痒がったので病院へ連れて行った所、「垂れ耳の犬の場合、耳の病気にはよく注意してあげてください」と獣医さんから言われた所です。特にシャンプーの時は耳に水が入らないように注意した方が良いとのことですよ!耳が垂れていると通気性が悪いので、そのまま菌が繁殖してしまうと言われました。シャンプーをする前に耳に入れておくお薬をもらったので、今はそれを利用しています。外耳炎になると耳がとても臭くなります・・・。ツーンとした匂いです。菌の繁殖が増えてしまうと大変なので、気になった場合はすぐに病院へ連れて行った方が良いですよ。お薬をさせばすぐに治ります。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。